「結納しない」はあり?結納金・結納式の常識と事情

公開日:  最終更新日:2015/08/21

結納しないカップルの割合が増えているらしいけど、するかしないか決める前に結納金や結納式の常識について知っておこう。結納しない場合の理由とは?

結納

そもそも結納とは… 儀式の意味と近年の傾向

結納式に込められた意味とは?

辞書によると結納とは「婚約成立のしるしに、両当事者かその親が金銭または品物を取り交わすこと。また、その儀式や金品。」とあります。金品を取り交わす意味は、婚約を見える形にして確固たるものにするためで、結納式は男性側の誠意を見せて女性側に安心して籍に入ってもらうための儀式なのです。

今は略式結納が主流

昔は仲人(なこうど)が両家を行き来して結納を交わしましたが、現代では、仲人を立てず「略式結納」を選ぶケースが増えています。ホテルや女性の家に両家が集まって結納品を納めることを「略式結納」といいます。
略式結納では結納品と結納金の両方を取り交わす場合もあれば、結納金のみの場合もあります。それぞれの希望するスタイルに沿ってどこまでするのかを決めることができます。
ふたりだけで決めるのではなく、あくまで両家の意見を取り入れて納得の行く結納を行いましょう。

結納品とは?結納金の相場は?

結納品は、「御帯料または小袖料」と呼ばれる結納金と、縁起物の「するめ」や「こんぶ」などを数点含めた一式が基本です。

結納金の相場はだいたい50万〜100万かそれ以上といわれますが、地域によっても異なり、一般的には西高東低の傾向が見られます。結納金の金額に迷った場合には、男性の身の丈にあった範囲の金額を納めれば十分です。

結納式の常識・非常識は、地域や家によってかなり違う

伝統的な儀式だからこそ、地域によって「結納式の常識・非常識」が異なるのは当然です。その違いを数え上げればキリがないほど。大きくは、結納には関東式と関西式の二通りあり、関西式はより豪華に執り行われる特徴があります。

結納の関東式と関西式の主な違い

関東式 関西式
スタイル 武家の流れをくむためシンプル 公家の流れをくむため派手
結納品 男性側も女性側も用意して交換する 男性側のみが用意して納める
結納金 男性側の半額にあたる金額を女性側から結納返しするのが伝統 後日、結納金の1割にあたる金額を女性側が持参し男性側に結納返しする

両家の考え方の違い

さらには、男性側と女性側、両家の結納に対する考えが異なることが多く、どちらに合わせるのかという問題が発生します。
これまでは結納品を贈る男性側の意思が尊重されていましたが、昨今では受け取る側の女性の気持ちを考慮する傾向が見られます。とはいえ、それぞれの出身地域や両家の考え方に違いがあるのは当然のことです。最近の傾向を交えつつ、よく話し合って決めるようにしましょう。

結納の形もだいぶ変わってきている

こうした地域や家ごとに異なる結納のしきたりが、結納する?しない?という議論のきっかけともなります。両家の争いを避けたいから結納はしない、と考える人もいるようですが、一生に一度の大イベントでもあるため、それを逆手にとって従来のしきたりにとらわれすぎない略式結納で簡易的な結納を行うこともひとつの手段です。
最近では略式結納の枠をさらに飛び越えたような、より簡素に済ませる結納や、指輪の交換をメインにした結納式も登場しているので、略式結納よりももっと気軽に済ませたいカップルにはオススメです。

あなたは結納しない派?する派? それぞれの理由や事情

結納する?しない?を決める前に、それぞれのメリットを確認してみましょう。

結納する理由、実際にしてよかったところ

  • 結納式をやったことで記念になり、正式にみとめられた喜びがある
  • 結納式を通してふたりや両家の結束が強くなった
  • 振り袖を最後に着ることができて、両親も喜んでくれた
  • きちんとしたがっていた親のために、やってよかった。感謝された。
  • やらないなんてありえない、非常識だといわれたからやった
  • 現実問題、結納金があり金銭的に助かった。新生活の準備にあてることができた。
  • 自分たちのためというよりは、親のために結納式をやった

結納する派の意見を見ると、親の気持ちに応えられた、喜んでもらえたということも結納するメリットのようですね。

結納しない理由、実際にしなくてよかったところ

  • 費用がかるので、親に負担をかけたくない
  • 風習や考え方が違うから、結納をしたことで後々もめたくない
  • 準備にかける労力や費用を、結婚生活や新居の準備にあてたい
  • 結納という形式にこだわる必要はないと思う
  • そもそも親がしきたりや風習などが好きではないタイプ
  • 時代にあった自由なスタイルの結婚があってもいいと思うから

Fotolia_82397482_XS

結納しない場合は、代わりに両家顔合わせの食事会を開きましょう

結納式の形がシンプルになってきた昨今ですが、反対に、結納式での婚約記念品のお披露目は存在感を増しています。婚約記念品といわれてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、婚約指輪がその代表です。もし結納式をしないと決めた場合には、両家顔合わせの食事会を開き、そこで婚約指輪のお披露目を取り入れるのがおすすめです。
なぜなら、結納のような格式ばった儀式ではなくとも、婚約記念品の交換を行うことでそれらしさを醸し出すことができるからです。
婚約指輪以外にも高級ブランドのスーツやバッグ、アクセサリー、結婚後の生活で使える電化製品など、婚約の記念として相手に贈り物をするのです。結納を行わない場合でも両家の顔合わせを兼ねた食事会の席で婚約記念品の交換をすることは多いため、この日までに婚約指輪を用意しておくといいでしょう。
ふたりの好みだけで婚約指輪を選ぶのもいいですが、両家の親にも気に入ってもらえるような素敵な婚約指輪が見つかるといいですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

管理人イチオシの結婚指輪

管理人も実際に注文した大好きな結婚指輪はこちら!

順位 写真 商品名・説明
1位 紅ひとすじ beni-hitosuji 紅ひとすじ beni-hitosuji
お二人を結ぶ永遠の赤い糸を思わせる
お客様の声:想像を超える出来上がりに!ビックリしました。とてもきれいで大切にしていこうと思います。
1つ1つ丁寧に作っていただき、ありがとうございました。

もっとランキングを見たい方はトップページへ