婚約とは?~定義と意味、メリットまとめ~

公開日: 

婚約とはどのような状態を指すのでしょうか?定義と意味、メリットについてまとめました。

ハート形のブーケ

婚約の定義と意味

婚約とは一般的にプロポーズの後からを指し、結婚の約束を公にしたり、結婚の約束の証しとして品物を送りあったり、ということがあるようです。「パートナーを将来の伴侶と決めて結婚の約束をすること」を指して婚約の定義としています。婚約の形式としては、結納や婚約パーティを行う、指輪を贈る、婚約通知状を送付するという方法があります。多くの場合は、当事者以外の第三者にも将来二人が結婚することを知らせる、あるいは知られている状態を言うようです。

厳密に言うと、結婚や離婚に関する規定はありますが、婚約には、特に法的な手続きはありません。形式の決まりごとなども特にはありません。ただ、これからの結婚への道のりをスムーズにしたり、お互いの結婚の意志を深めるため、周囲への挨拶も兼ね、けじめをつけるためにも、結納の儀式を執り行うカップルも多いようです。結納や婚約指輪の交換は婚約成立の証明ともなりますね。なんとなく結婚すると考えていたり、結婚の口約束だけだったものを、より確かなものにし、二人で結婚への道のりを歩む第一歩となるのが、婚約です。

婚約のメリットって?

婚約には、特に法的な手続きや形式の決まりごとなどはありませんが、結婚の約束を公にするということで、結婚への道のりを二人で共有することができます。また、家族や親戚、友人に対して結婚の意思表示になり、結婚式の準備がしやすくなります。周囲に知らせることで、より二人の絆が深まったり、結婚に向けて気を引き締めたり、責任感が湧いたりと、気持ちの変化が大きいようです。

最近では、結納を略式で行ったり、結納の代わりに両家の顔合わせ食事会を行ったりするケースが増えてきました。どのような形で結納を行うかどうかは、二人だけで決めることではないので、お互いの両親に相談して決めるほうが良いでしょう。必ずやらなければいけないというわけではありませんが、婚約の儀式を行うことで、けじめをつけたり、二人の絆をより強固にするために、執り行うカップルが多いようです。また、婚約したからには、速やかに双方の両親に報告しようという気持ちが働き、結納式の日取りを決め、同時に結婚式の段取り、新婚旅行の計画を立て、具体的にいつ入籍するかということまで、とんとん拍子に事が進むということもあるようです。大切なことを後回しにしないためにも、婚約から始めると良いかもしれませんね。

婚約中にすることは?

婚約してから結婚までにすることは、周囲に婚約していること、将来結婚の約束を交わした二人である、ということを周囲に知ってもうことが必要です。例えば、第三者による立ち会いのもと、結納や両家顔合わせを行ったり、婚約式や婚約パーティを開いたりなどがあります。多くの場合は、両親や身内が立ち会ったり、親類や上司、恩師、ごく親しい友人が立ち会ったりする場合がほとんどです。

また、第三者の立ち会いがなくとも、お互いの結婚への固い約束の証しとして、気持ちを表現する指輪や品物を二人で用意することで「結婚の約束をしている」という証拠にもなるのです。例えば、婚約指輪や結納品を贈りあい、周囲に婚約通知状を送ることで婚約を公表することができます。婚約指輪をつけると、婚約中であると周囲にもわかりますし、婚約することを公表することで「これから結婚する」という覚悟や決意を見せることにもなります。気持ちさえあれば、形にはこだわらないという人もいるかもしれませんが、どんな関係においても気持ちを行動や形に表すということは大切なことですね。

婚約期間中は恋人以上夫婦未満の微妙な時期です。二人にとっては一番幸せな時ですが、節度ある交際を心がけ、二人だけ過ごすのではなく、双方の両親、周囲と良い関係を築いていきましょう。

指輪の交換

エンゲージリングは婚約の証し

婚約をすると、その証しとしてエンゲージリング(婚約指輪)を男性から女性に贈るのが一般的です。婚約の証しとして一番オーソドックスなものでしょう。また、女性から男性への「お返し」は時計やスーツ、指輪を含むアクセサリーなどをプレゼントするのが定番のようです。ですが、最近は男性も指輪をつけることに抵抗がなくなってきたため、女性から男性に婚約指輪を贈り、お互いに婚約指輪をペアで身につけるケースも増えてきています。

男女とも左手の薬指につけるのが一般的で、薬指には「聖なる誓い」の意味があると言われています。結婚の約束をした記念に、男性の払う着手金のような意味合いがあり、メインストーンにダイヤモンドのような高価な宝石をあしらい、美しい装飾があしらわれている指輪にすることが多いようです。婚約指輪によくダイヤモンドが使われるのには由来があります。神聖ローマ皇帝マクシミリアンが公女マリーに贈ったことが、婚約指輪の始まりと言われており、ダイヤモンドは当時から価値のあるもので、その硬度の強さから変わらぬ意思と愛を表しているとされています。人類で一番古い婚約指輪と言われているのは、古代エジプト時代で、円形のリングは完全無欠、永遠のシンボルだったそうです。その頃、左手の薬指に指輪をつけるのは、そこが心臓とつながり愛のパワーが宿る場所とされていたからです。それが、やがて金の輪になり、中世初期には宝石付きの指輪が誕生しました。日本にはこの文化が明治時代に伝えられたとのことです。

とはいっても、指輪をはじめとして、高価な品物にこだわる必要はありません。気持ちを託すことでいよいよ結婚するんだという実感が高まり、覚悟が固まるのです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket