婚約指輪はいつつける?結婚後の利用法もご紹介

公開日:  最終更新日:2018/04/20

もらってうれしい婚約指輪。大事にしまっておく方もいらっしゃるでしょうが、せっかくの品物を箪笥の肥やしにするのももったいないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。婚約指輪をどういうときに着用するのか、早速見ていきましょう。

Beautiful engagement ring

婚約指輪はいつからつける?

貰った日からいつ着けても大丈夫です。婚約指輪は「婚約しました」と周りに示すためのものでもあるので、公の場に出るときは、むしろ着けておくことがマナーです。贈った男性からしても、大切に身に着けてもらうのは嬉しいようです。他の男性への牽制にもなりますしね。結納の前や結納を行わない際には「プロポーズ時にいただきました」と言ってお披露目しましょう。

結婚前に婚約指輪をつける場面

結婚前は彼とのデートや、お呼ばれした結婚式などはもちろん、普段から身に着けていても問題ありません。ただし、立て爪のものは、日常生活の中で引っかかってしまう場合もあるので、料理やアクティブな運動の際などは外すなど、TPOを考えてつけるようにしましょう。

職場ではつける?外す?

これは難しい問題です。もちろん、飲食や医療現場など、ルールとして禁止されている職場ではNGです。デスクワークなど特にルールとして定められていない場合も、婚約指輪とは多くの場合、装飾的で豪華なイメージのものですから、ビジネスにそぐわない、と上司や同僚に思われてしまう場合もあります。また、女性社員の多い職場ではいらぬ反感を買ってしまう可能性も。
いさかいを避けるためにも、仲の良い既婚者の先輩や同僚に聞いてみるのがベターです。当然、デザインとしては、シンプルであればあるほど着けやすくなります。

結婚後にはいつつける?

結婚後の婚約指輪事情アンケートデータの円グラフ

独自の調査では半数を超える人が結婚後も婚約指輪を着用していることがわかります。では、結婚後も婚約指輪を利用している人はどのような場面でつけているのでしょうか。着けている方の声を聴いてみましょう。

結婚後につけている実際の声

ワインを飲みながら1人の婚約指輪をみて驚く女性2人

  • なんだか落ち込んだりパッとしないとき、気持ちを上げるために着けたりします。 (30代結婚11年目)
  • 毎日つけるように、婚約指輪と結婚指輪を兼用で1本購入したため、毎日。 (40代結婚2年目)
  • 友人、親戚の結婚式や、記念日などいつもより気合いの入ったディナーやお出かけのとき。 (20代結婚2年目)
  • 子どもがいるので、入園・入学式や、卒園・卒業式など学校行事の時につける程度。 (30代結婚8年目)
  • 立て爪の指輪なので、お呼ばれした結婚式やちょっと華やかなお出かけの時に思い出したように。友人の結婚式が減った年代なので不稼働気味。 (40代結婚6年目)
  • 10年目までは毎日つけていましたが、スィート10でもっといい指輪をもらって、今ではたまに家族と出かけるときのみ。 (40代結婚15年目)

ハレの日につけるという女性は多いようです。毎日つける方も多くもちろん何もない時につけるのもいいのですが、家事の最中に傷をつけてしまったり、失くしてしまったりしたら悲劇ですよね。普段は結婚指輪のみ、ハレの席では重ね付け、などと使い分けるといいでしょう。特別な時に限定することで気分も上がりますよね。

マナー違反!婚約指輪をつけてはいけない場面

弔事といった喪に服すための場所では、光物はNGです。そのため、派手なアクセサリーを控えることがマナー。そういった場面では婚約指輪は華美なものになるため、外すようにしましょう。

おすすめセットリングのデザイン

単体でつけても結婚指輪と重ねてつけても可愛い婚約指輪があったら嬉しいですよね?年代を選ばない可愛らしさのあるデザインのものばかり集めてみました。結婚指輪とセットになったデザインや、重ねづけしても重たくならない華奢なデザイン、エタニティタイプが人気のようです。

【BIJOUPIKO(ビジュピコ)/TOMOE(ともえ)】巴(ともえ)

TOMOEの巴

日本最大の婚約指輪セレクトショップのBIJOUPIKO(ビジュピコ)で取り扱っている、TOMOEの巴(ともえ)は、互いに高めあい、助け合うという意味が込められた指輪です。真ん中に大きなダイヤが1つきらめき、メレダイヤが周りを緩やかなカーブを描き斜めに流れるデザインとなっているので、指をほっそり長く見せてくれます。
1本でもキラキラと輝くので美しく、重ねてもダイヤが斜めに流れるラインで装飾されているため、スマートな印象のままつけることができます。

【比較検討したい方にお勧めのサイト】

基本的に婚約指輪はずっと身につけられるもの

いかがでしたでしょうか。婚約指輪は、結婚前はもちろん結婚後もハレの日や日常のアクセサリー感覚で身に着けて問題ないもの。しかし、思い出の品が汚れたり、傷がついたりするのも心配だと思います。そのため、アフターフォローがしっかりしているお店で購入するようにしましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket