婚約指輪のカラット数、平均はどのくらい?

公開日: 

婚約指輪の定番と言えばダイヤモンドですが、何カラットのものを選びますか?

一生に一度の買い物なので、絶対に失敗したくありませんよね。平均を参考にして自分にあった婚約指輪を選びましょう!

Solitaire Diamond Ring

婚約指輪のカラット数

ダイヤモンドと言えば、まず気になるのはカラット数ですが、カラットって具体的にどういうものかご存知ですか?ここではカラットを中心に、ダイヤモンドについて詳細を紹介していきます。

カラットについて

カラット数が大きくなると、宝石のサイズが大きくなることを想像してしまいませんか?

ですが、カラットとは実は、大きさではなく、宝石の質量のことなのです。質量とは、重さのこと。たとえば大きさの違う宝石のカラット数が同じだった場合、大きいものには不純物が多い場合などもあるのです。

ですが、カラット数が大きいほどダイヤモンドの直径が大きくなりますので、ダイヤモンドのサイズが大粒になるのもまた事実。当然カラット数が大きいほど、ダイヤモンドの価値が高くなり、財産的な価値も高くなります。

※あくまで目安ですので、参考と思ってくださいね。

首都圏の平均カラット数

ちなみに首都圏での平均として、一番多いのは0.3~0.4カラットです。価格帯も比較的手頃でありながら、ダイヤモンドの特徴であるまばゆいばかりの輝きも楽しめるサイズといえます。

もちろんデザインで輝き方にも違いが生まれますので、ひとえに同じカラット数と言っても、印象はそれぞれ全く違うものになり、持つ人の個性にもなります。

カラットだけじゃないダイヤモンドの選び方

Group of diamonds placed on white background, 3D illustration.

ここまで語ってきたカラットですが、ダイヤモンドの価値を測るものは、当然カラットだけではありません。様々な角度からダイヤモンドについて深く知ることで、あなたにぴったりのダイヤモンドが見つかるはずです。

4Cについて

ダイヤモンドの評価基準と言えば、4Cがあります。

色(color)、透明度(clarity)、重さ(carat)、研磨(cut)の4点から評価し、それぞれの頭文字から4Cと略したものですが、具体的にはどのランクが目安になるのでしょうか?

Carat(重さ)は先述の通り、1ctは0.2gです。首都圏の購入者の平均値の0.3ctですと、直径は約4.3㎜となり、輝きが十分に楽しめるサイズと言えます。1ct以上のより大きなダイヤモンドは高額になりますが、輝きもより深くなり、一目でそれとわかる唯一無二の宝飾品になります。

Clarity(透明度)VS以上(10倍に拡大するレンズで見てキズの発見がやや難しい)程度が理想的です。全部で11段階あるランクの中で、VS以上は5つのランクがあり、当然、高いランクのものはより高額になります。ちなみに、これ以下のランク(SI、I)ですと、肉眼でキズが発見できてしまう可能性があり、せっかくのダイヤモンドの輝きが損なわれてしまいます。また、日本のダイヤモンドのカッティング技術は世界的にも優れており、ブランドによっては高いランクを保障してくれるものもありますので、ぜひホームページなどでチェックしてみてください。

Cut(研磨)ラウンドブリリアントカット(最もポピュラーな円形で輝きの深いダイヤモンドのカット法)のものにのみ、評価が与えられます。全五段階中最高位のExcellent(エクセレント)ですと、理想的なプロポーションだといえます。一生に一度のものですから、美しいカットで輝きを味わってください。

Color(色)マスターストーンと呼ばれる基準石を基準に評価されます。F以上(無色)のものが、ダイヤモンドらしいピュアな輝きが楽しめ、おすすめです。アルファベット順でDが最高位で、Zに近付くにつれ黄色味が増していきます。

※ただし、カラーダイヤモンドの場合はこの限りではありません。

自分に合うカラットを選ぼう

先述の通り、ひとくちに0.3ctと言っても、大粒の一粒で0.3ctというものもあれば、小さな粒をちりばめて合計で0.3ctというものも可能です。大切なのは、身に着けるあなたの好みや、似合うかどうかです。

例えば手が小さい女性や指の細い女性なら、小粒のダイヤモンドでも十分な輝きを果たします。ですが、結婚指輪は高価な装飾品ですから、当然長く身に着けたいですよね?

未来のあなた、つまり年配のご婦人になりますと大粒のもののほうが、年齢に映える輝きを添えることも事実です。

また、小さい粒のものですと職場やちょっとしたランチなど、普段使いとして身に着けられる場所が増えますし、大きい粒のものですと、記念日のディナーや結婚披露宴など特別な時を演出する特別なアクセサリーになります。

このように、指輪は一生に一度の宝物ですから、手の形や体型、未来の自分の姿やライフスタイル、それにもちろん値段など、多角的に見て選ぶことが大切です。そのためには、パートナーはもちろんのこと、ご家族や友人に相談してみるのもいいかもしれません。

また、たくさんのブランドを見比べることも大切です。実際にお店に足を運ぶことが一番ですが、まずはインターネットサイトなどを参考に、絞り込んでおくと、限られた時間の中で効率的に選ぶことができるでしょう。

ゼクシィにはたくさんのブランドが一堂に紹介されています。参考にしてみてください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket