プロポーズのときに指輪がないとダメ?婚約指輪を買うタイミングについて

公開日:  最終更新日:2017/06/30

プロポーズのときに指輪がないとダメ?婚約指輪はいつ買ったらいいのでしょうか。
man putting wedding ring on woman hand

プロポーズのときに必ず指輪が必要なのでしょうか?

「結婚してください」とひざまずきながら、指輪を渡す。こんなロマンチックなプロポーズもいいですが、その場合、婚約指輪は男性側が女性にばれないように用意しなければいけませんよね。普段から彼女の好みや指輪のサイズなどを把握している男性でないと、婚約指輪選びはかなりハードルの高いミッションになりそうです。一方、女性側も指輪とともにプロポーズ、というシチュエーションに憧れはあるものの、一生モノである婚約指輪の品質はしっかり自分でも吟味したいというのが花嫁の本音のようですよ。特に、最近は結婚指輪との重ねづけをしたいと思っている人も多くなってきているので、重ねづけ派にとってはデザインやブランドも重要になってきます。とはいえ、手ぶらでプロポーズというのもなんだか味気ない気がしますよね。

指輪以外のものでもOK

プロポーズのときに婚約指輪ではなく、別の品物を渡しているカップルも多いです。花束やアクセサリーなど相手が喜ぶものを選ぶ、そんなプロポーズもロマンチックですね。

花束

ゴージャスな彼女には王道のバラの花束、可愛らしい雰囲気の彼女にはガーベラやラナンキュラスにレースフラワーなどを合わせた可憐なブーケといった風に、相手に合わせて作れるのも花束のよいところ。花言葉を使うのも素敵ですし、プロポーズのときのプレゼントアイテムとしての特別感もバッチリです。なんでもない日だと「おっ!」となりますが、例えばプロポーズが二人の記念日だったり彼女の誕生日だったりすると普通のプレゼントに見えちゃいそう?!ちょっとしたサプライズを仕掛けるなら、バラの花びらに「Will you marry me?」などのメッセージを印字できるサービスもあるので利用してみてはいかがでしょう。

アクセサリー

ファッションリングであれば、婚約指輪のようにケースに入れて「本物の婚約指輪は二人で探しに行こう!」と伝えるのもアリです。そもそもファッションリングであろうとサイズがわからない・・・という男性は、ブレスレットやネックレス、ピアスなどでもいいでしょう。ブレスレットだと外出先でも向き合ったまま相手に着けてあげることもできるので、指輪を嵌めてあげるのと同じような演出も可能ですね。自宅などのプライベートな空間であればネックレスを彼女の後ろ側から着けてあげるのもロマンチック。耳元でプロポーズの言葉を囁きながら彼女をキュンとさせたいですね。

時計

時計は女性から男性へ結納返しなどで贈られるイメージが強いですが、これからの人生、同じときを刻んでいこうという意味も込めて男性がプロポーズの際に贈るというのも素敵ですね。ただし、一目見た瞬間にプロポーズをされていると気づく女性は少ないので、ちゃんとしたプロポーズの言葉と共に贈りましょう。

スイーツ

彼女が好きなスイーツは、アクセサリーや花の好みに比べて普段のデートでもリサーチしやすいですよね。レストランなどでサプライズをする場合は、お店に協力を頼めばメニューにはないオリジナルのスイーツを用意してくれたり、プレートにメッセージを入れてくれたりする場合もあるので、ぜひ相談してみましょう。

プロポーズのとき?結納のとき?婚約指輪を用意するのに適切なのはいつ?

婚約指輪を用意するのに適切なタイミングはいつなのでしょうか。指輪を買うタイミングについて代表的な例をまとめました。

プロポーズのまえ

プロポーズのときに合わせて前もって指輪を用意すると、女性側からしても一目でプロポーズされていることがわかりますし、感動も大きいというメリットがあります。サイズやデザインに迷いがないのであれば、最大級のサプライズも可能ですね。決して安くはない、高価なもの。どうせなら彼女が気に入る指輪がいい、、、ということであれば、プロポーズの時はおもちゃの指輪でプロポーズ、婚約指輪は一緒に買いに行こう、などとするといいかもしれません。

プロポーズのあと二人で

プロポーズの返事がOKであれば、それから二人で見に行くというのが最近の主流です。日中のプロポーズであれば、夕方にジュエリーショップに予約を入れておくとスマートですし、女性の幸せ気分もさらに盛り上がりそうです。ただし、傾向としては夜にプロポーズをする方が多いので、その場合は翌日に普通のお出かけと思わせておいてジュエリーショップを予約しておくという方が自然かもしれませんね。「でも、彼女だってそんな急には指輪を決められないんじゃ?」と思いますよね。もちろん、そこで決める必要はありません。先輩カップルのジュエリーショップめぐりは平均でも3店はまわっていますから、焦らなくてもOKです。プロポーズのあとであればデザインが彼女の好みとズレてしまう心配もありませんし、一緒に選ぶということ自体が二人の思い出になり、一層思い入れが深まったと感じる人が多いようです。ゼクシィならネットで来店予約ができたり、お得な特典がついている場合もあるので、ブランドを色々みて、数個に絞るのもおすすめです。

結納または顔合わせに合わせて

結納のときであれば、家族にもお披露目でき、より多くの人と喜びを分かち合うことができます。指輪を貰った女性はもちろんですが、婚約指輪を指に嵌めてもらい幸せそうにしている娘の姿は親御さんにとっても嬉しいものです。婚約指輪は高価であるからということではなく、けじめや覚悟などの気持ちを込めた贈り物だからです。

指輪をはめるシーン

婚約指輪を用意するなら、3ヶ月くらいの期間を見積もりましょう。

婚約指輪って買ったその場で持ち帰れないの?!と驚く男性も多いよう。というのも、婚約指輪はほとんどがオーダーメイド。ダイヤの大きさ、形からリングの素材まで全て自分で決めるのです。また、既製品であってもサイズ調整や刻印など、何かしらオーダーメイドになる部分があり、加工には数週間は必要です。まして一から相談して作り上げるフルオーダーメイドであれば加工だけでも1~2ヶ月かかることもあります。それに加えて平均3店の下見・検討期間を経ての決定が一般的ですから、どのタイミングで用意をするにしても、3ヶ月くらいの期間を見積もっておいた方がよいでしょう。特にプロポーズの予定を、旅行先や二人の記念日など特別な日にと考えている場合や、両家が顔を揃えられる吉日を選んで行う結納式など、絶対にこの日までに必要というタイムリミットがある場合は、早めにお店に相談しましょう。また婚約指輪の価格によっては、購入費用の準備に時間がかかる場合もあるかもしれません。できるだけ早めの準備を心がけましょう。

オーダーメイドのおススメはこちら ⇓ 
  ふたりの想いをカタチにする杢目金屋(もくめがねや)の婚約指輪

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

管理人イチオシの婚約指輪

管理人も実際に注文した大好きな婚約指輪はこちら!

順位 写真 商品名・説明
1位 桜一輪 sakura-ichirin 桜一輪 sakura-ichirin
さくらの花びらが「さくらのダイヤモンド」を包み込む
お客様の声:いつか自分たちの子供にも受け継いでもらえたらなあと考えています。
思い出の桜がこんな形で毎日見ることができて幸せです。

もっとランキングを見たい方はトップページへ