結婚費用の相場と両家の分担について

公開日:  最終更新日:2016/02/16

結婚費用はどれくらいかかるのでしょうか?相場と両家の分担についてまとめました。

悩む新婦

結婚の費用ってどれくらい?

結婚が決まり幸せいっぱいの二人ですが、結婚式に婚約指輪や結婚指輪、新居に新婚旅行と決めなければならないことが、たくさんあります。結婚を考え始めるカップルにとって、「どれくらいお金を貯めないといけないの?」、「みんないくらくらい使ってるの?」など、気になることのひとつに結婚費用があると思います。結婚式などは二人だけでなく、両家も含めて話を進めていかなくてはいけません。結婚後は新生活も始まります。気持ちよく結婚生活をスタートできるように、お金の話はきちんとしておく必要があります。

結婚費用の内訳と相場

結婚にかかる費用は大きく分けて、結納や両家顔合わせの費用、婚約や結納の費用、二人の結婚指輪の費用、結婚式と披露宴の費用、そして新婚旅行の費用と5つに分けられます。これらの費用の合計は平均で500万~600万円となっています。自分たちの資金や、ご祝儀(総額平均210万円)、両親からの援助をなどが期待できる場合はそれも合わせて、どれくらいのお金をどこに使うか、しっかりと考え予算を立てる必要がありますね。

結納・両家顔合わせ 6~15万円

結納をするか、両家の顔合わせをどこでするかなどで、費用は変わってきます。結納をする場合、会場費総額平均は13万円。その他にも、結納品14万円、結納金90万円、結納返し30万円が目安になることが多いです。両家で相殺される分まで含めると約140~150万円くらいかかることもあります。

婚約指輪 25~35万円

婚約指輪の購入価格の平均は31.7万円と言われています。婚約指輪のアームの材質や石の種類に決まりはありませんが、9割以上の人がダイヤモンドを選んでいます。大きさ(重さ)は0.3カラット前後が人気です。形や色、透明度にこだわるとまた金額は変わってきます。ほとんどの人が、挙式の10ヶ月前から探し始めて、8ヶ月前までには決めているケースが多いです。挙式の6~7ヶ月前が結納や顔合わせの時期なので、そのときにお披露目できるように用意すると良いです。注文から受け取りまで1~3ヶ月かかるので余裕を持って準備する必要があります。

結婚指輪 15~25万円

結婚指輪の金額の平均は、二人分で約21万円。こだわり派が増え、年々相場も増加傾向にあります。挙式の7.5ヶ月前から探し始めている人が多いようです。結婚式が近づくといろいろな準備で忙しくなるので、3ヶ月前には決めたいところですね。注文から受け取りまでは既製品でも約3週間かかります。オーダーは2~3ヶ月くらいかかることが多いようです。

結婚式 300~400万円

挙式、披露宴にかかる費用の相場は首都圏で354.9万円と言われています。何人招待客を呼ぶか、お料理の質やランク、演出や音響、衣装などへのこだわりや地域によって値段は変動しますので、費用相場はあくまでも目安です。欧米風の教会式、厳かな神前式、カジュアルな人前式など、二人のやりたい挙式像によって、また費用は異なってきます。また、多くの会場ではパックプランを用意しています。パックに含まれるアイテムの内容でも、会場によって様々なので、見積もりを取ったり、よく比較検討して確認しておきたいですね。

新婚旅行 60~70万円

新婚旅行にかかる費用は、結婚全体の約15%と言われています。結婚を決めたカップルにとって、新婚旅行は二人だけの楽しみなイベントです。挙式や披露宴は親戚や会社関係などに左右されることがありますが、新婚旅行はそんな気遣いは入りません。ただ、披露宴はご祝儀もありますから、実質の負担度は変わってきますので、もしかしたら、新婚旅行が二人にとって一番費用負担があるかもしれません。しっかりと計画を立てて、二人だけの新婚旅行を楽しみたいですね。

結婚費用の両家の分担は?

結結婚にかかる費用の両家の分担割合は、新郎側、新婦側の招待客に分けて、それぞれ負担するというパターンが最も多く、約半数をしめているようです。結婚費用も決して安くはありませんので、新郎新婦で公平に感じられるように、うまく折半できるのが理想的ですね。完全に新郎側、新婦側の招待客に分けるカップルもいるようですし、かかった費用を単純に2分割するというわかりやすい方法もあります。

または、新郎側が多く負担するというカップルも25%ほどいるようです。新郎のほうが貯蓄や収入が多い場合、それに応じて新郎側が費用を多く負担するという考えです。お互いが気持ちよく支払えるように、両家を交えてどれくらいどちらが負担するかを話し合っておくようにしましょう。

結婚後のお財布はひとつになる場合が多いですから、結婚後の家計のことも考えながら、ちょうどいい折半の仕方を考えておくと、結婚後の生活もスムーズに行えそうです。

薔薇と結婚証明書

お金を削るところとかけるところにメリハリを!

結婚費用は合計するとかなりの高額になることがわかりますね。やりがいはありますが、結婚式は凝れば凝るほど費用も時間もかかってしまいます。予算をしっかり決め、こだわりポイントを二人で話し合い、お金を削ることところはしっかりと削り、メリハリをつけることが大切です。中でも結婚式費用はやはり高額になりがちなので、しっかりと比較検討しながら工夫することが必要です。音響、映像、装飾関係は節約し、その分、食事にこだわるですとか、アットホームなレストランウェディングにして、一生ものの結婚指輪にお金をかけるというのも良いですね。

最近は、結婚式そのものよりも結婚指輪などの小物にこだわるカップルも増えてきています。どこにポイントを置くのか二人でじっくり話し合い、一生の思い出を作ってください。

二人のこだわりの婚約指輪・結婚指輪なら杢目金屋(もくめがねや)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

管理人イチオシの結婚指輪

管理人も実際に注文した大好きな結婚指輪はこちら!

順位 写真 商品名・説明
1位 紅ひとすじ beni-hitosuji 紅ひとすじ beni-hitosuji
お二人を結ぶ永遠の赤い糸を思わせる
お客様の声:想像を超える出来上がりに!ビックリしました。とてもきれいで大切にしていこうと思います。
1つ1つ丁寧に作っていただき、ありがとうございました。

もっとランキングを見たい方はトップページへ