挙式のみで披露宴をしない結婚式のお手本

公開日:  最終更新日:2015/08/21

挙式のみで披露宴をしない結婚式をする人が増えています。シンプルな結婚式をご希望の方、ぜひこのお手本を参考にしてみてください。

振り向く新郎・新婦

挙式のみの結婚式とは

シンプルな結婚式をご希望の方から支持されている挙式のみの結婚式。本来、結婚したことを身内だけでなく、社内や友人など周囲に伝えるために披露するのが披露宴ですが、あまりおおげさにせず、身内だけを集めシンプルに挙式のみを行うウェディングスタイルが今、少しずつ増えてきています。理由は様々あるかと思いますが、両家の意向で披露宴を行えない場合もありますし、元々派手な演出や大勢で集まるのは好まないというカップルも多いです。急な結婚の場合、時間が充分確保できないということもあるかもしれませんし、なにより、予算が思ったより準備できなかったという理由で躊躇してしまうこともあるでしょう。
そんなカップルに人気なのが、式だけ挙げるというシンプルなウェディングスタイルです。身内やごくごく近しい親族、特別な友人だけに囲まれた式を挙げたいと考えているカップルにおすすめのスタイルですよ。
最近では、教会や神社などでも挙式のみのウェディングはできますし、会食つきの挙式のみプランを行うチャペルなども増えているようです。
挙式のみの結婚式のメリットは、準備期間を短くできるということがあります。結婚するにあたって大変なのはやはり披露宴の準備。料理のセレクトから、余興やBGM、招待客はどこまで呼べば良いのか、引き出物はカタログで良いのかなどなど決めなければいけないことがたくさんあります。挙式だけであれば、衣装やヘアメイクの手配、招待状の準備と簡単な引き出物を用意する程度で済むので、時間がないカップルには精神的負担が少なく済むはずです。また、準備するものが少なければ、必然的に費用も抑えられます。何百万もかかるのは、披露宴を行う場合の話です。その分、衣装にこだわったり、新婚旅行や新生活への準備に使ったりと、自分たちのこだわるところにあてることができますね。

ウェディング

挙式のみの結婚式の流れ

挙式のみの結婚式の場合も、通常と同様にタイムテーブルがあります。挙式のみのプランだとどんな結婚式になるのか疑問に思っている方も多いかと思います。ある結婚式の挙式当日の様子をご紹介します。

(1)参列者の入場

祭壇に向かって右側に新郎側のゲストが座ります。新婦側は左側になります。両家の親族は最前列に座ります。

(2)司祭と新郎の入場

新郎は牧師様、または新婦様と共に入場し、祭壇の前で新婦が入ってくるのを待ちます。

(3)新婦入場

新婦はお父様と共に入場し、お父様は祭壇の前で待っている新郎のところまでエスコートします。最後は新郎とエスコートを交代し、お父様は着席します。

(4)賛美歌斉唱・聖書朗読・誓約

ゲストも起立し賛美歌を歌います。牧師、または神父が聖書から夫婦の心構えを話します。司祭の誓いの問いかけに新郎新婦が「はい」と答えます。

(5)指輪の交換

新婦はまず手袋やブーケを介添人に預けます。新郎は牧師様、または神父様から指輪を受け取り、新婦の左手の薬指にはめます。新婦も同様に新郎に指輪をはめます。

(6)ベールアップ・誓いのキス

新郎が新婦のベールを上げて、誓いのキスをします。ほっぺにするカップルもいます。

(7)結婚証明書にサイン

新郎新婦と牧師、または神父が結婚誓約書にサインをします。リーブルドーとも言われています。

(8)新郎新婦退場

新郎新婦が正式に夫婦になったことを宣言し、ゲストからフラワーシャワーなどで祝福されながら、退場します。

挙式の場所はどうする?

挙式というと教会か神社というイメージがありますが、それしか選べないということはありません。挙式のみでも充分対応してくれるレストランやホテルも増えてきています。あまりおおげさに派手にせず、シンプルに行いたいというカップルが増えてきている中、挙式と少人数での会食プランのある会場も最近ではたくさんありますよ。結婚式は人生の大仕事ですよね。予算や時間など、いろいろな制約があったり、意見が合わずにけんかしてしまったり、悩んでいるカップルも多いかと思います。でも、結婚式は2人の一生の思い出ですよね。けじめをつける意味でも、挙式だけでも挙げておくことはとても良い記念になると思います。2人の絆も深まりますし、これからの新しい生活を楽しむためにも行ってみてはいかがでしょうか。

挙式のあとは簡単な食事会やパーティーを

参列者は親族だけとはいっても遠方からきてくれたり、ひさしぶりに会う人もいるでしょう。2人の門出を祝福してくださった感謝の気持ちを込めて、簡単な食事会やパーティーを開くのはとてもおすすめです。もちろん挙式のみでも思い出には充分残りますが、わざわざ足を運んだのだから、新郎新婦と歓談したり、幸せそうな2人と温かい時間を共有したいと参列してくれた人たち思っていることでしょう。挙式後に食事会を行うことで、さらに喜んでくれるかと思います。もちろんこれからは家族になるのですから、2人にとっても、お互いの親族と食事をし、コミュニケーションをとっておくことは、とても良いことです。その場合は会費制の場合が多いようです。あまり負担にならないように考えてみてください。
最近は、結婚式そのものよりも結婚指輪などの小物にこだわったり、食事にこだわったりといろいろなところに重点を置くカップルも増えてきています。どこにポイントを置くのか、2人のライフスタイルによって変わってくるかと思います。2人でじっくり話し合い、後悔のないよう一生の思い出を作ってくださいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

管理人イチオシの婚約指輪

管理人も実際に注文した大好きな婚約指輪はこちら!

順位 写真 商品名・説明
1位 桜一輪 sakura-ichirin 桜一輪 sakura-ichirin
さくらの花びらが「さくらのダイヤモンド」を包み込む
お客様の声:いつか自分たちの子供にも受け継いでもらえたらなあと考えています。
思い出の桜がこんな形で毎日見ることができて幸せです。

もっとランキングを見たい方はトップページへ