挙式のみで披露宴をしない結婚を後悔せずに行うには?

公開日:  最終更新日:2018/02/28

挙式のみで披露宴をしない結婚式をする人が増えています。シンプルな結婚を希望してそうする人、その他の理由でそうせざるを得ない人、それぞれです。ぜひこの記事を読んで、後悔しない挙式をあげてください。
振り向く新郎・新婦

挙式のみの結婚を選んだ理由とは

シンプルな結婚式をご希望の方から支持されている挙式のみの結婚式。本来、結婚したことを身内だけでなく、社内や友人など周囲に伝えるために披露するのが披露宴ですが、あまりおおげさにせず、身内だけを集めシンプルに挙式のみを行うウェディングスタイルが今、少しずつ増えてきています。理由は

  • 元々派手な演出や大勢で集まるのは好まないから
  • 経済的な理由
  • 両家(両親)の意向
  • 授かり婚など急な結婚で準備時間が充分確保できない

と様々です。そんなカップルに人気なのが、式だけ挙げるというシンプルなウェディングスタイルです。何もなしの”ナシ婚”だと寂しいし、せめてドレスは着たい。でも披露宴で人前に出るのはちょっと苦手、こんなカップルはごくごく近しい親族や特別な友人だけに囲まれた式のみを挙げる挙式婚がおすすめです。最近では、教会や神社などでも挙式のみのウェディングはできますし、会食つきの挙式のみプランを行うチャペルなども増えているようです。

挙式のみのメリット

なんといっても準備期間を短くできることです。結婚するにあたって大変なのはやはり披露宴の準備。料理のセレクトから、余興やBGM、招待客はどこまで呼べば良いのか、引き出物はカタログで良いのかなどなど決めなければいけないことがたくさんあります。挙式だけであれば、衣装やヘアメイクの手配、招待状の準備と簡単な引き出物を用意する程度で済むので、時間がないカップルには時間的にも精神的にも負担が少なくて済むはずです。また、準備するものが少なければ、必然的に費用も抑えられます。何百万もかかるのは、披露宴を行う場合の話です。披露宴を行わなければその分を挙式の衣装にこだわったり新婚旅行や新生活への準備に使ったりと、自分たちのこだわるところにあてることができますね。
ウェディング

挙式のみの結婚式で後悔しないためにも

2人で考えて挙式のみと決めた場合でも後悔する人も。。。そんな後悔をしないためにも次の内容を参考にしてみて下さい。

  1. 両親へは事前に相談
    結婚式は子育ての卒業式、と呼ばれることもある通り、親にとっては子供がいよいよ巣立っていくけじめのセレモニーでもあります。両親は任せると言っていたけれど、後々親族と比べられたリ、披露宴してほしかったと数年にわたって言われたり。こんなことなら式だけでもあげておけばよかったというナシ婚の人も少なくないのだとか。普段面と向かって感謝の気持ちを伝えずらい両親には、挙式を行い、きちんとお礼を述べるのもいいと思います。挙式だけの場合、きちんと披露宴を行って親族に挨拶したいと考える親御さんもいるので、事前に挙式だけと伝えて了承を得ておくといいでしょう。
  2. 会場への後悔
    挙式のみだからと雰囲気の好みの式場を選んだが、その後行う食事会のレストランから遠く、親族の異動が大変だった。また、挙式のみでついでに食事もできるからと選んだが、食事がいまいちだったなど、会場選びで後悔する人も。式だけなのか、簡単な食事会も行うのか決めてから式場を選ぶといいですね。
  3. 金銭的な後悔
    お金がないから挙式のみ、披露宴はしない、というカップルもいるでしょう。披露宴をしないから安くて済む、と思っていたのに予想以上に予算がふくらみ、こんなことならきちんと披露宴をして友達などからご祝儀をもらったほうがよかったかも、という結果になってしまう人もいるようです。式場や選ぶドレスによって挙式だけといっても金額がかかってしまう場合もあるようです。披露宴を行う場合はパック料金で色んなものがサービスで使える場合もあるので、比較してから決めるのもいいでしょう。
  4. おもてなしの後悔
    披露宴はしたくないので、親族のみの挙式を行ったが、せっかく集まったのでその後簡単な食事会も行えばよかった。式のみなので終了後ばたばたとしてしまい、せっかく集まった親族全員で写真撮影できなかった。など、おもてなしでの後悔をする人もいるようです。式のみだとしても、せっかく集まっていただくので、お礼を伝える時間をどこかで持つよう、工夫するのがいいでしょう。
  5. 嫁(妻)が実は披露宴をしたかったと後悔しないか
    様々な理由で挙式を選ぶカップルはいますが、一番おさえておきたいのは、やはり女性の気持ち。気を使って式だけでいいといってはないか?実は友達を呼んでドレス姿を見てもらたったり、お祝いしてほしいと思っていないか、今一度確認しましょう。式でドレスを着て写真を撮れば十分、という事であっても、やはり友達の結婚式など出ると羨ましいと思ってしまう気持ちが出てくることも。本当に遠慮や気遣いで式のみでいいと言っていないか、ここは素直に思いをぶつけ合い、納得するのが一番です。

挙式の場所はどうする?

挙式というと教会か神社というイメージがありますが、それしか選べないということはありません。挙式のみでも充分対応してくれるレストランやホテルも増えてきています。あまりおおげさに派手にせず、シンプルに行いたいというカップルが増えてきている中、挙式と少人数での会食プランのある会場も最近ではたくさんあるので、2人が気に入るところがきっとみつかるでしょう。

挙式後に簡単な食事会をする場合も

参列者は親族やごく近しい人だけとはいっても遠方から来る人や、久しぶりに会う人もいるでしょう。2人の門出を祝福してくださった感謝の気持ちを込めて、簡単な食事会やパーティーを開くのもおすすめです。もちろん挙式のみでも思い出には充分残りますが、新郎新婦と歓談したり、幸せそうな2人と温かい時間を共有したいと参列してくれた人たちは思っていることでしょう。挙式後に食事会を行うことで、さらに喜んでくれるかと思います。結婚してこれからは家族になる2人ですから、お互いの親族と食事をし、コミュニケーションをとっておくこと今後のおつきあいもしやすくなるというメリットも。会食をする場合は、会費制にしたり、お祝儀を頂いている場合は食事代を2人が負担する場合もあるようです。
最近は、結婚式そのものよりも結婚指輪などの小物にこだわったり、食事にこだわったりといろいろなところに重点を置くカップルも増えてきています。どこにポイントを置くのか、2人のライフスタイルによって変わってくるかと思います。2人でじっくり話し合い、後悔のないよう一生の思い出を作ってくださいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket