結婚式(挙式)と披露宴の違い

公開日:  最終更新日:2015/08/21

結婚式と披露宴、何がどう違うの?その疑問にお答えします。

unity

結婚式(挙式)と披露宴

結婚式と披露宴、その違いや流れとは?
このふたつの違いを正確に答えられない人は案外多いのではないでしょうか。
親戚や友人の結婚式に招待されて参加した経験があったとしても、結婚にまつわるマナーやしきたりをしっかり把握しているという方がすべてではありません。

これらのことに強く関心を持つのは、やはり自分自身が結婚を考えはじめたときです。
お互いの親族や友人だけでなく、職場の上司や同僚など、日ごろお世話になっている人から久し振りに会う人まで、大勢の人々に祝ってもらう儀式だからこそ、無知をさらして恥をかくことだけは避けたいものです。
ここではまず、基本中の基本である「結婚式(挙式)」と「披露宴」の違いについて説明していきたいと思います。

結婚式(挙式)

結婚式(挙式)とは、儀式のことです。宗派によって儀式のスタイルは異なるものの、キリスト教式であれば神父様の前でお互いに誓いの言葉を述べ、誓いのキスや指輪交換を行うものが結婚式(挙式)にあたります。
キリスト教式以外には、仏前式、神前式、人前式などがあり、これらについてもキリスト教式と同様に、結婚式(挙式)とは儀式のことを意味しています。

結婚式(挙式)のみ開催の場合、一般的にご祝儀は不要です。新郎新婦側から事前にその旨の連絡があることが多いですが、ほんの気持ちとしてご祝儀を渡したいと考えるのであれば披露宴のご祝儀よりも少ない金額(1万円程度)を目安に渡すといいでしょう。

披露宴

披露宴をわかりやすい言葉に置き換えるなら、お披露目パーティーがふさわしいかもしれません。ケーキ入刀やスピーチ、友人たちによる余興など、お披露目のためのパーティーが披露宴です。

披露宴のご祝儀の相場は3万円程度が一般的とされています。

二次会

披露宴よりももっとカジュアルなお披露目パーティーのことです。
とは言っても、マナー違反は御法度とされる結婚に関する場のひとつに違いはありません。親しい間柄だったとしても最低限の礼儀やマナーは欠かせません。

二次会は会費制が一般的であるため、二次会のみの参加の場合でもご祝儀は不要です。会費がご祝儀と考えるとわかりやすいかもしれませんね。

結婚式と披露宴の流れとは?

では、結婚式と披露宴の流れからその違いを見てみましょう。

結婚式

     

  1. 列席者入場
  2. 司式者入場
  3. 開式の辞
  4. 新郎入場
  5. 新婦入場
  6. 讃美歌斉唱
  7. 聖書朗読、祈祷
  8. 誓約
  9. 指輪交換
  10. ベールアップ
  11. 結婚宣言
  12. 結婚証明書へ署名
  13. 成立報告、閉式の辞
  14. 退場

これはキリスト教式の結婚式(挙式)の流れですが、宗派や会場によって流れに違いがあります。

披露宴式目

  1. 新郎新婦入場
  2. 新郎新婦紹介
  3. ケーキ入刀
  4. 祝辞、乾杯
  5. 食事
  6. 退場(お色直しのため)
  7. 再入場
  8. 新郎新婦テーブルまわり
  9. 余興
  10. 花嫁による手紙朗読
  11. 両親への花束贈呈
  12. 新郎父親による謝辞
  13. 新郎からの謝辞
  14. 退場
  15. お見送り

結婚式の形態

儀式である結婚式は、宗派や二人の理想のイメージに準じて選ばれる傾向が多いようです。
結婚の話がまとまったら、どんな結婚式を挙げたいのかよく話し合っておきましょう。

結婚式

  1. キリスト教式 
    全人口の1割にもかかわらず式の6割はキリスト教式が占めています。
  2. 神前式
    神前式とは、神社などの神前で結婚式(挙式)を挙げるスタイルです。
  3. 人前式
    場所や宗派を問わずオリジナルの結婚式をプランできるのが人前式です。通常、神仏に誓う結婚を列席者へ誓うこのスタイルは、レストランウエディングや船上など、自分たちの好きな場所を選べるためとても自由度が高い結婚式(挙式)です。
  4. 仏前式
    仏前式は、仏様に結婚を誓うスタイルの結婚式(挙式)です。
    この場合、親族のみで行われることが多いでしょう。

最近では国際結婚カップルだけではなく、国内カップルも挙式のみ海外でというカップルもいますね。気軽に海外へ行ける時代だからこそ、それだけ選択肢もぐんと広がることを意味しています。一生に一度の結婚式だからこそ、最高の思い出になる選択をしましょう。

二人らしさを表現できる!披露宴の形態

一方、披露宴は新郎新婦のオリジナリティを際立たせることが出来るパーティーの場。どのようなパターンがあるのでしょうか?

披露宴

手作りや変わり種も可能!オリジナリティを出せる披露宴。大きな差がつく項目をまとめました。

  • 席次表・式目 ・・・ これらを手作りにしてオリジナル感あふれる披露宴にしてしまいましょう! 来てくれる人たちが思わず盛り上がって夢中になってしまうような、昔話に花を添える演出もおもしろいでしょう。
  • キャンドルサービス ・・・ 鉄板のキャンドルから、もはやキャンドルサービスではなくビールサービスまでやってしまうのもアリ?!
  • 引き出物 ・・・重いものが喜ばれる地域から予算は1000円と言う地域まで様々です。地域の特色を加味した引き出物選びを心がけましょう。

ここまで読んでくださってありがとうございます。
いかがでしたでしょうか?
結婚式(挙式)はあくまで儀式なので形式を重んじる必要がありますが、披露宴はパーティーですから、好きなだけオリジナリティが出せる部分です。
仲間と一緒に盛り上がれるような楽しいパーティーでもいいですし、しっとりと大人な雰囲気で静かなパーティーを演出したければそれでも構わないのです。
場所とシチュエーションをわきまえた振る舞いさえ心がけて入れば披露宴は自由にカスタマイズ可能です。
“人とは違うことをして記憶に残る結婚式にしたい!” ”わざわざ祝福に来てくれる人たちのために楽しんでもらえる式にしたい!”などと思うなら、結婚式(挙式)ではなく披露宴の中でサプライズ的な演出を仕込んでみるのもおもしろいかもしれませんね。
あなたの結婚式が、周りの人々までも笑顔にしてしまうような素晴らしい式になることを願っています!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket