結婚のタイミングって難しい・・・先延ばしになっている方に考えて欲しいこと

公開日:  最終更新日:2015/09/25

結婚のタイミングというのは意外に難しいもの。「いつかは結婚したい」と思っているけど、実際はいつ踏み出せば良いの?先延ばしになっている方へ、考えて欲しいポイントをまとめました!

結婚に悩む女性

男女別・結婚を決意しようと思った理由ランキング

世の中の夫婦は、何をきっかけに結婚を決意しているのでしょうか?両親やごく親しい間柄の友人などにはできる質問だけれど、世間の本音も知りたいものです。
結婚を決めた理由やタイミングはカップルの数だけ存在するもの。
ここでは、「結婚しようと思った理由」を男女別のランキング形式にしてご紹介します。
今のあなたとあなたのお相手にはいくつ当てはまっているか、数えながらご覧ください。

結婚したいと思った理由<女性編>

1位 子供が欲しいから 135人
2位 家庭をもちたいから 96人
3位 寂しいから 71人
4位 安心・安定したいから 69人
5位 友人の結婚に刺激されたから 66人
※20歳~36歳の女性897人を調査

女性が結婚したいと思った理由の中でダントツ1位だったのは「子供が欲しい」ということ。兄弟姉妹や親戚の子供をかわいがっているうちに自分も欲しいな…と思ったり、ママになりたい気持ちが強まったりすることはよくありますよね。
2位から5位にランクインした回答には、周りの友人がどんどん結婚していくことに対する焦りや幸せな家庭をつくることへのあこがれ、独り身でいることの寂しさや将来への不安、といった女性ならではの心理が表れています。

結婚したいと思った理由<男性編>

1位 寂しいから 63人
2位 家庭をもちたいから 35人
3位 子供が欲しいから 30人
4位 友人の結婚に刺激されたから 25人
5位 安心・安定したいから 22人
※20歳~36歳の男性477人を調査

一方、男性に同じ質問をしてみた結果、「寂しいから」という理由が2位の倍近い票を集めて1位にランクイン!2位の「家庭をもちたいから」というのも、寂しいという気持ちから来ている回答かもしれません。
3位から5位までにそれほど人数差がないのも特徴と言えるでしょう。男性としては「結婚をしてもしなくてもお金を稼ぐのは自分」という意識がどこかにあるせいか、このランキングを見る限りでは、女性ほど結婚に対して切実に考えていないかのような印象を受けてしまうかもしれません。
データ出典元:アニヴェルセル株式会社
http://www.anniversaire.co.jp

結婚適齢期の年齢かどうか

結婚へ踏み切る決意を強く後押ししてくれる要因のひとつが、年齢。
初婚年齢の平均が一昔前より上がってきていることもあって“結婚適齢期”という言葉はあまり使われなくなりましたが、結婚のことを考える時に年齢を意識するカップルはやはり多数を占めています。
特に20代後半から30代前半あたりは、社会的にある程度「1人前」と見なされるようになったり、周囲の友人が次々と結婚し出したり、親から「孫がほしい」と言われたり、親戚に結婚を急かされたりと、いろいろな面でプレッシャーがかかるようになる時期でもあります。
自分たちの年齢だけでなく、祖父母や恩師が元気なうちに花嫁姿を見せたいなどという事情を考慮するカップルも多くなっています。

子供がほしいかどうかもポイントの1つ

先ほどのランキング<女性編>でも1位となっていたように、「子供が欲しいから」という理由は結婚に踏み切る大きなポイントとなります。
女性の場合は出産年齢に上限があるため、男性が二の足を踏んでいる間にも結婚願望は高まってゆきがちです。子供を望む場合は初産年齢やその後の人生設計などもきちんと考慮しなければならないでしょう。

お金、仕事、経済的に安定しているかどうか

そして、2人で家庭を築くにあたって大切な要素のひとつであるのが、収入のこと。
特に男性は、結婚したいと思っていても、家族を養うのに十分な経済力があるか、仕事の状況が安定しているか、といった点をとても気にするものです。
逆に言えば、仕事の方向性が見えてきたときや仕事が軌道に乗ったときなどは「そろそろ結婚しようか」と切り出せる良いきっかけです。実際に、転職・転勤・異動などの区切りを迎えたタイミングでプロポーズに踏み切る男性は増加しています。
精神的なことを大事にする女性に対し、男性は仕事の成果や収入といった実際的なことを重視する傾向にあると言えます。

結婚指輪をしてるカップルの手

素敵なリングは結婚への気持ちを高める

それでもなかなかきっかけが掴めないという方は、まずは指輪探しから始めてみるのもひとつの方法です。未来の2人のために作られるリングを目にすれば、結婚への気持ちも自然と高まってゆくことでしょう。
中でもおすすめしたいのが、オーダーメイドのリング。
サイズがぴったり合うからつけ心地が良いというだけでなく、2人の好みや想いを最大限に反映した世界で1組だけのリングができるのです。譲れないこだわりやわがままにだってできる限り対応してくれるのが、オーダーメイドの強みと言えるのですから。
既製品の中からリング選びをするのも楽しいけれど、イメージを膨らませながらデザインや素材、色などを相談しているうちに2人の絆もより深いものとなります。そうして出来上がったリングは、まさしく一生の宝物。
2人の幸せな未来を描く材料のひとつにしてみてはいかがでしょうか?

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket