結婚指輪とは~マリッジリングの歴史と左薬指につける理由~

公開日:  最終更新日:2015/08/21

結婚する二人がつける「結婚指輪」、その由来や歴史から左薬指につける理由まで、マリッジリングの意味を詳しく解説します。これから結婚指輪をご購入の方はぜひお読みください。

指輪の交換

結婚指輪の由来と歴史

結婚の証しでもある結婚指輪。そもそもどういう由来で、またいつ頃から指輪を贈りあう習慣が始まったのでしょうか。人類が指輪を使い始めたのは紀元前5世紀の古代エジプト時代に遡ります。当時から貝殻や宝石などがはめられていたそうです。ユーフラテス川の近くでは、エメラルドをセットした金の指輪について、20年間、石が抜け落ちないことを保証する契約内容が記された紀元前429年のタブレットも発掘されています。エンゲージリングやマリッジリングのルーツは2000年以上前のローマといわれています。当時は婚約の証しとして、力の象徴である「鉄のバンド」を贈っていました。現在のように愛の証しというよりは、契約としての意味合いが強かったようです。2世紀に入ると貴族階級を中心にゴールドが普及しだしますが、鉄のリングも依然多く用いられていました。9世紀になると、結婚を神聖視する教皇ニコラス一世により、「婚約発表には指輪が必要である」という旨の命令が出されます。こうしてエンゲージリングを婚約者に贈る習慣がスタートするのでした。一方、マリッジリングは11世紀~13世紀、キリスト教の広まりとともに、教会における結婚の儀式に用いられるようになります。花婿には鉄の指輪、花嫁には金の指輪を交換したとされており、現在の指輪交換の儀式へとつながっていると考えられています。デザインは非常にシンプルな輪っかのものが主流でした。切れ目のない指輪の円い形は「エタニティ=永遠」を象徴しており、二人の愛の誓いの象徴でもあるのです。西洋では紀元前から存在していた指輪ですが、日本に広まったのは鎖国が終わる江戸時代の後期。さらに結婚指輪という文化が伝わってきたのは、明治維新以降といわれています。

結婚指輪

結婚指輪はどうして交換するの?

結婚式で指輪の交換がありますが、どうして「交換」するのでしょうか。諸説ありますが、古代ローマ時代、贈られた指輪を身につけることは、相手との約束を必ず守る誓いの証しとされていました。指輪を交換するということは、「あなたを永遠に愛し、慈しむことを誓います」という相手との約束をお互いに守る証しとしているのです。また、中世のヨーロッパでは、結婚は異なる一族と一族がつながるという大きな意味があったため、信頼と絆の証しとして家紋の彫られた指輪を交換し互いに持ち合ったのだといわれています。他にも、お互いの分身やお守りとして交換したという説もあります。

結婚指輪はどうして左手薬指につけると決まっているの?

結婚指輪や婚約指輪は左手の薬指につけるのが一般的ですよね。では、どうして左手の薬指なのでしょう。これも諸説ありますが、古代ギリシャでは「左手の薬指と心臓は1本の血管でつながっている」とされ、危険なものに触れると心臓に信号を送ると考えられていました。ちなみに古代の医者は左手の薬指で薬を混ぜ、毒などが混入していないかを調べたそうです。他に、古代エジプトにおいては、左手の薬指は「命に一番近い指」「愛の血管が心臓に直接つながっている」とされていたことなどが、ルーツだと考えられています。「愛の血管」がある左手薬指に「永遠」を意味するリングをするのだと思うと、とてもロマンチックですね。

結婚指輪を「いらない」という彼・彼女、どうする?

最近では結婚指輪を買わないという方が増えています。仕事上、指輪がつけられないからという理由などで「どうせつけられないのだったら、買わなくてもいいかな」と思われる方や、「アクセサリーを普段からつける習慣がないから」という方が多いのだとか。逆に、日常的にはつけないけれど、記念やけじめとして買っておきたいという人も。二人ともが納得しているのであれば良いのですが、片方だけが必要ないと思っている場合は、一度じっくり話し合ってみたほう方が良いかもしれません。金属アレルギーであるとか、他に予算をまわしたい等という場合は仕方がない面もありますが、いつも身につけていたいけれど仕事上の理由などで常に指輪はつけられないという方はリングフックと合わせてネックレスとしてお使いいただいてはいかがでしょうか。女性に比べて男性のほうが指輪をはめることに不慣れですから普段は敬遠しがちなのは理解できるけれど、二人そろって出席する冠婚葬祭等のシーンではつけて欲しいと思っている女性も多いようです。

リングに込める二人の愛の証し

エンゲージやマリッジリングが二人が誓った永遠の愛の証しを形にしたものだとすると、生涯のうちで最も特別な買い物のひとつだといえます。これから始まる長い結婚生活の中では、困難な局面を迎えることだってあるはず。たとえそんな瞬間が来たとしても薬指のリングに触れれば、贈った時、贈られた時の気持ちをちゃんと思い出せるように、リングのデザインや刻印に今の二人の思いを込めてみてはいかがでしょうか。マリッジリングには「私は既婚者です」と世間に向けてアピールする役割だけではなく、結婚する二人の内面をつなぎ、時には初心に還ることを教えてくれる大切な役割があるのです。でも、星の数ほどある指輪の中からそんな運命のペアが見つかるまでどれくらいの時間と労力がかかるのだろうかと不安になってしまいますよね。そこでおすすめしたいのがオーダーメイドのリングです。きっと、細かいところまでイメージにぴったりの指輪に出会うことができますよ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

管理人イチオシの婚約指輪

管理人も実際に注文した大好きな婚約指輪はこちら!

順位 写真 商品名・説明
1位 桜一輪 sakura-ichirin 桜一輪 sakura-ichirin
さくらの花びらが「さくらのダイヤモンド」を包み込む
お客様の声:いつか自分たちの子供にも受け継いでもらえたらなあと考えています。
思い出の桜がこんな形で毎日見ることができて幸せです。

もっとランキングを見たい方はトップページへ