男性側?女性側?結婚指輪はどっちが買うべきか

公開日:  最終更新日:2015/08/21

結婚指輪を購入するのは男性でしょうか?女性でしょうか?どっちが買うべきかまとめてみました。

wenig geld

結婚指輪、どっちが買う?

婚約指輪は一般的に男性が女性に贈るものとされていますが、結婚指輪の場合はどうなのでしょうか。特に思い込みが強い人は、思っていたパターンじゃない買い方を提案されるとショックを受けたり悩んだりすることもあるので、あらかじめ色々な購入パターンがあることを知っておくとよいかもしれませんね。
後々、喧嘩などをした時に、指輪の件を持ち出されたという先輩談も笑いごとではありません。口に出しにくい分、根深い問題に発展しやすいのでお互いの気持ちをきちんと伝えることが大切です。

男性が買うべき?2人で買うべき?

結婚指輪を購入する際のパターンとお互いが贈り合うパターンをご紹介します。

男性側が用意するパターン

まずは婚約指輪も結婚指輪も男性が用意するカップルのパターン。
男性が「全部払うぞ!任せとけ!」タイプならこれでもいいでしょう。また、結納や婚約指輪がなかった場合に、2人分の結婚指輪を男性側が用意することもあります。ただ、どちらも2人で話し合ってどのような指輪を選ぶかはきちんと相談しているカップルが多いです。

ただ、全部出してもらうと思うと遠慮してしまったという女性もいるようです。その辺を敏感に嗅ぎ取って、遠慮しないで一生モノなんだから欲しいのを選びなよと言ってくれると彼の男気に惚れ直しちゃいますね。経済的に余裕があるのであれば、思い切って甘えてもよいのではないでしょうか。

お互いが贈り合うパターン

婚約指輪は男性が、結婚指輪はお互いが贈り合うというカップルが主流のようです。結婚式でも指輪の交換があるように、夫婦としてこれから支え合っていく証として、お互いに贈り合うというスタイルを選ぶのが自然という声もあります。
男性と女性の指輪の価格が違う場合ですが、そのまま相手の指輪の金額を負担する場合もあれば、合計額を折半する場合もあり、それは2人で相談して決めればよいでしょう。

結婚準備のために共同財布として作った口座から出す、というのも2人で買った感があります。
贈り合うという意味では、リングの内側に入れる刻印を、相手へのメッセージを込めたものにするというのも素敵です。お互いにでき上がるまでどんなメッセージを刻んだのかを内緒にしておくと、受け取りの際の楽しみも倍増しそうですね。

自分の分を自分で買うパターン

あまり多くないかもしれませんが、自分の分を自分で負担するというケースも。
贈り合うというパターンと似ていますが、全く同じデザインのものをペアで買う場合、男性の方が価格が高くなるため、男性が高い方を負担してくれたという先輩カップルもいるようです。
また、男性側が仕事柄指輪を身に着けない場合やアクセサリーに興味がないために結婚指輪は要らないと言われてしまった場合は、女性側が自分の分を自分で買ってしまうこともあるようです。

せっかくの結婚指輪ですからできればペアで身につけたいという女性は多いと思います。
そういった場合は、男性にも興味を持ってもらえる指輪を提案してみるのもお薦めです。
日本刀の鍔を飾る匠の技術“木目金”を活かした指輪で人気の杢目金屋のリングは男性のファンも多く、またオーダーメイドなので女性がこだわりたいデザイン性と男性がこだわりたい着け心地の両方を叶えてくれるのが嬉しいですね。

女性が買うのもあり?

なかには女性が2人分購入するというカップルもいます。結納金のお返しや、婚約指輪のお礼として時計などの婚約記念品のかわりに2人分の結婚指輪を女性側が用意するというケースもあるようです。
メリットとしては、女性がとことん好きなものを選べるということがあります。
素材やデザイン、石付きのものなど、シンプルななかにもこだわりのポイントはたくさんありますからね。

全部出してもらうと思うと遠慮してしまったという先輩花嫁の声もあるように、本音ではこっちがいいと思っていても、ワンランク下げたものでもいいか…と妥協してしまう人も多いのです。
その点では、お返しの範囲内という予算制限があったにしても、納得のいく指輪選びができると言えます。
また、普段から指輪はしないという男性は購入しなくてもいいと思いがちですが、冠婚葬祭や記念日のお出かけには相手にも身につけて欲しいという女性は多いのではないでしょうか。男性側も女性側から用意されたら、そういう時なら着けてもよいかとなりやすいようです。

1-10

お互いが納得して決めれば特にルールはありません

いずれにしても、結婚指輪は一生身につけるもの。お互いが納得して決めれば、特に決められたルールはありません。
2人が全く別の店で別のブランドのリングを買ったとしても、同じショップのデザイン違いであっても2人にとってのペアであればOK!そこに結婚指輪の価値があります。
ですが、サイズ合わせや受け取りの手間、割引サービスの有無などを考えると、結婚準備で忙しく、出費も多い時期の2人には同じ店で選べるのがありがたいですよね。

オーダーメイドのお店ならデザインなどの趣味が違う2人でもペア感を大切にできます。それぞれが好みのテイストのリングをデザインし、二つのリングを重ねると文様やイニシャルなどが現れるというように、単品で着けた時のテイストを邪魔せずに実現する方法もあります。

結婚指輪に関しては、特に決まったルールがないにも関わらず、強い先入観があったり、何となく言い出せず納得していないまま購入に至ったり、または購入しないということになると、悩みを引きずってしまったりしてしまうようです。
一般的に考えて何十年も身につけるものですから、晴れやかな気持ちで愛着を持って使いたいですよね。お金が絡む話なので、なかなか言い出しにくいかもしれませんが、結婚準備段階はもちろん、これからの夫婦生活をしていく上で、このような場面は何度となく直面するはずです。
気になることは思い切って率直に話し合ってみてはいかがでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket