指輪のサイズ直しにかかる費用って?

公開日: 

プレゼントされた指輪のサイズが合わない!体型の変化で大切な指輪が入らなくなってしまったそんな時、サイズ直しにはいくらかかる?サイズ直しの費用、時間などについてまとめました。

サイズ直しにかかる費用は?

費用はサイズ直しを行う店舗により異なりますが、加工が難しいデザインの指輪ほど、かかる費用も高くなります。一般的にサイズダウンで2,000円~4,000円程度、サイズアップは素材の相場が変動するため別途見積もりとなることが多いです。

サイズ直しの料金決定に関わる項目

指輪を大きくするか、小さくするか

極端に大きくしたり小さくする場合、追加料金がかかることがあります。結婚指輪や婚約指輪には内側にメッセージが彫ってあることがあります。小さくするときに、刻印にかからない部分であれば問題ないのですが、切断箇所に不都合がある場合は、一度刻印を消してサイズ調整を行ってから、再度メッセージを彫る必要があります。模様や宝石がある場合も同様です。リングの全周に模様が彫ってある場合は切断や地金を足してのサイズ直しが難しく、引き受けてもらえないことが多いでしょう。

使用している素材

地金の色や形、光沢にいたるまで、元の素材と遜色なく仕上げるには熟練の職人の技術が必要です。プラチナ、ゴールドは同じくらいの料金で、シルバーはやや高めのところが多いのが一般的です。シルバーは熱伝導率が高く、石が留めてある指輪の場合、石に損傷を与える恐れがあるためです。

宝石の有無

宝石の付き方や種類によって異なります。石の大きさや留めてある場所によって、料金が大きく変わります。リングの全周に石が入っているエターナルリングは基本的にサイズ直しができないと考えたほうがよさそうです。

表面加工の有無

つや消し加工や、メッキ加工等を表面に施している指輪はサイズ直し後、再度メッキをかけ直す必要があるため、費用が通常より高くなる場合があります。ホワイトゴールドは変色防止のため、ほとんどの製品の表面にロジウムメッキが施されています。

サイズ直しはどこに依頼すればいい?

基本的には購入したお店、ブランドで対応してくれます。ただしブランドによっては、加工によりブランドのオリジナル性が損なわれる等の理由で断られる可能性もあるので、購入の際にサイズ直しが出来るか確認しておくと良いでしょう。

サイズ直し専門の業者も

購入した店舗で対応してもらえない場合には、サイズ直し専門業者に依頼することも可能です。ブランドなどに比べると、なんでも引き受けてくれるケースが多いので、購入店や他の普通の宝石店で断られてしまったという方は一度相談してみてはいかがでしょうか。 

無料のアフターケアがついているかチェック

購入したお店、ブランドによっては、「購入から○○年間無料」だったり、何度でも無料でOKという「生涯保証」が付いていたりもするので、購入前に確認しましょう。オプション料金を支払うと、期限付きの保証から永久保証に出来ることもあります。女性は特に、妊娠中に指がむくんだり、年齢と共に指のサイズが変化しやすいので、同じ指輪を長く愛用したい方は、永久保証のほうがおすすめです。 オーダーメイドリングのブランド【杢目金屋(もくめがねや)】なら「生涯無料保証」つき。

サイズ直しにはどのくらい時間が必要?

即日対応が可能なお店もありますが、一般的には出来上がりから受け取るまで、2~3週間程かかります。 サイズ直しを行うお店によって異なるので、直接確認してみましょう。着用したい日が決まっている場合などは、余裕をもって修理に出すようにしましょう。

アフターサービスの充実したブランドを選ぶ

思い入れのある大切な指輪は、長く身につけていたいもの。特に結婚指輪や婚約指輪といった生涯、いつも身につける指輪は、普段の生活をしている内に傷もついてしまうもの…。 だからこそ、アフターサービスの充実したブランドを選ぶことが大切です。デザインによっては難しいものもあるので、購入の際に確認しておくとよいでしょう。 世界でたった一つのオリジナルリング【杢目金屋(もくめがねや)】なら「生涯無料保証」つき。 サイズの微調整、通常のクリーニングなどのメンテナンスが、いつまでも無料です。購入店舗以外の、全国にある直営店のどこでも受付可能なので、引っ越しをしても安心です。郵送でもメンテナンスを受け付けているので、直接足を運ぶ時間がない人でも依頼をすることができます。 発送前に直営店に問い合わせをするのをお忘れなく。 メンテナンスの費用は基本的に無料ですが、加工の伴うサイズ直し及び、特殊なケースは有料の場合があります。お預かり期間は約2週間です。 杢目金屋(もくめがねや)の直営店一覧 メンテナンスから戻ってきた指輪にプロポーズや結婚式の時の気持ちを改めて思い出すという方も多いかもしれません。 サイズの微調整にとどまらず、文字や宝石を追加したりできるのもオーダーメイドブランドのアドバンテージです。二人の愛が深まるように、生涯を共にする指輪の輝きや深みも増していけると素敵ですね。 杢目金屋(もくめがねや)の指輪の最新カタログをお送りします。期間限定で1,500円相当の書籍「純愛物語」をプレゼント中です。

サイズ直し出来る素材

一般的にサイズ直しが出来る素材は、ゴールド、シルバー、プラチナです。指輪の内側に素材の刻印が入っているので、確認してみてください。

銀色金属    
プラチナの純度は1000分率で表現する 純度  
Pt1000 プラチナ99.9% 結婚指輪に多い、純プラチナの刻印
Pt999 プラチナ99.9% Pt1000の刻印は2012年よりPt999に変更
Pt950 プラチナ95% 結婚指輪や婚約指輪に多い刻印
Pt900 プラチナ90% プラチナで一番多い刻印
Pt100 プラチナ10% 純プラチナと間違えやすい安価な新素材
Pm、PM プラチナ85%以下 古いジュエリーによくある刻印
Pt プラチナ90~85% 小さなペンダントやピアスの金具によくついてる刻印
ホワイトゴールドの純度はアジアでは24分率で表現(K24で純金)し、ヨーロッパでは1000分率で表現する
999 金99.9% ヨーロッパの製品に多い、純金の刻印
K18WG 金75%  
750 金75% カルティエやティファニー等はこの刻印
583 584 金58.3% 金58.4%  
   
“STERLING”もしくは “sterling” 銀の純度が92.5% ヨーロッパの銀食器に多い刻印
SILVERもしくはsilver 銀の純度は不一定  
925 950 92.5% 95%  
P/S プラチナシルバー プラチナ1% 銀99%の安価な新素材
金色金属    
アジアでは24分率(K24で純金)で表現し、数字の前にKがつくのは国内品に多く、数字の後にKがつくのは東南アジアや中近東が多い。刻印より低純度の場合が多い。 アメリカでは数字の後にKT(カラット)を刻印することもある。ヨーロッパでは主に1000分率
純金 金99.9%  
K18 金75% ジュエリーではもっとも多い純度
K18PG 金75% PGはピンクゴールド
K14 金58.5%  
K10 金41.7% 流行の華奢でアンティークタイプの 金色アクセサリーに多い刻印
750 金75% ブランド品のカルティエやティファニー等はこの刻印です。

お店によってはシルバーが要相談になることもあります。また、ステンレス、真鍮、パラジウム製の指輪でも対応してくれるお店もあるので、ゴールド、シルバー、プラチナ以外でもあきらめずにまずは相談してみましょう。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket