結婚指輪をなくしたときの対処法

公開日:  最終更新日:2015/08/21

もし結婚指輪をなくしてしまったら・・・あなたならどうしますか?正直に話すべき?同じものをこっそり購入すべき?そんな悩みにお答えします。
困る女性

結婚指輪をなくしてしまった!パートナーにすぐに伝えるべき?

結婚指輪をなくしてしまった・・・そのためにこのページをお読みになるあなたは、もうできる限りのことはしたはずです。遺失物届を出したり、排水溝を探したり、かばんの中、友人宅、立ち寄りそうな場所などなど、なくした場所を探したはずです。気持ちは焦るばかりかもしれませんが、指輪をなくしてしまったという人は決して珍しくありません。

お風呂や寝るとき以外ははずすことはなく、ずっと身につけている人が多いことと思います。ところが、指は時間帯や季節によって、サイズが微妙に変化してしまいます。指も足と同じように、朝と夕方、夏と冬ではむくみ方が違うのです。そのような不運が重なって、家事や仕事で水を使ったり、お風呂に入ったときにするっと抜け落ちてしまうハプニングが起こりがちなのです。また、保管する場所を決めておらず、その場その場ではずして置いてしまう癖があると、どこに置いたかもわからなくなり、そのまま出てこないなんてこともあるようです。

パートナーには正直に話しましょう

もし、あなたに個人的にお金があって、同じものをこっそり一つ買うことが可能なら内緒にしてもいいかもしれませんが、なかなか現実的には簡単にそうはいかないことが多いようです。後ろめたさや嘘をつき続けるのに疲れてしまう人もいるようです。罪悪感に苛まれ、後からなくしたことを告白したり、ひょんなことから嘘がばれてしまっては、二人の関係は悪化していくばかりです。事が大きくなる前に、自分から話してしまったほうが、お互いのために良いですね。

誠心誠意謝れば、許してくれます

実は相手も「結婚指輪をなくしたらどうしよう」という気持ちを必ず持っています。まったく何も考えていない人のほうが少ないのではないでしょうか。本当になくしてしまったかどうかは別として、少なからず、なくしたかも!とヒヤッとする場面は誰にでもあるはずです。そういった人ならば、なくしてしまった人の気持ちもわかってくれるはず。変にごまかしたり、嘘をつくのではなく、反省の気持ちをきちんと伝えれば、許してくれるはずです。後々苦しくなる前に、正々堂々と謝ってしまいましょう。

なくなってしまった結婚指輪どうする?

さて、一つだけになってしまった結婚指輪をどうするか、大きな問題ですね。既製品であったか、オーダーメイドのオリジナルデザインであったかでまた変わってくるでしょう。

既製品の場合

購入したお店に行き、同じものがあればなくしたほうだけ購入できます。ただし、使い古し感などに差が出てしまうので、始めは少し違和感があるかもしれません。ですが、使い込んでいくうちに、なじんできますので、時間はかかりますがまた元通りに近い状態に戻るでしょう。

また、古い場合はもう販売していないこともあります。同じ指輪が手に入らない場合は、新たに二人分購入するという選択を考えるしかありません。実は、最近は結婚指輪を買い替えるカップルも少なくありません。シンプルなデザインを選ぶ人が多い結婚指輪なので、最初から、数年経ったら別のデザインのものに買い直す予定で購入する人が増えてきています。ある程度年数が経って、使い込んでいた指輪であれば、逆に記念日などに買い替えのチャンスになるかもしれません。

オーダーメイドの場合

実は既製品よりオーダーメイドのほうがなくしてしまったときの対応が優れています。実は、オーダーメイドの場合、カルテや制作内容、デザインからお客様のご要望など、細かく管理、保管されている場合が多く、同じものを作り直してもらえることもあるようです。

もし、仮にカルテや記録などがなかった場合でも、パートナーの指輪が同じデザインであれば、その同じデザインの指輪を持ち込めば、同じものを作り直してくれる場合もあります。オーダーメイドのほうが、柔軟に対応してくれることが多いようですね。ただ、再制作の場合、地金(貴金属)の相場の変動により、価格が変わる可能性があるようです。元の金額より少しオーバーしてしまう可能性もありますが、心機一転、新しい二人の絆を作ると思えば、それほど気になるところではないかもしれませんね。

気持ち新たに、新しい結婚指輪を作ってみては?

既製品にしてもオーダーメイドにしても、「一緒に選んで一緒に買った」という思い出を大切にしている人も多いですよね。買った日の刻印を入れている人もいるかもしれません。思い出や二人で選ぶというシチュエーションにこだわる人は、思い切って新しい結婚指輪を作ってしまうのも良いかもしれません。ある程度年数が経っているものなら、またそのときにあったデザインにするとか、結婚●年目の記念などとこじつけして、新しく購入するほうが、二人の新しい思い出を増やすことにもなります。どんなデザインするか、素材は何にするかなど新しく二人で考えるのも、楽しみの一つになるはずです。新しい絆が生まれ、お互い気持ちも新たにこれからの結婚生活を送っていく良いきっかけになるかもしれません。

結婚指輪をなくさないために

もう二度と結婚指輪をなくしたくない・・・そうお思いなら、今後はまずは結婚指輪をはずさないでおきましょう。毎日身につけるものならば、朝起きてから夜寝るまで、ずっとつけっぱなしにしておくことが、最も紛失の可能性を低くする方法です。

どうしても、一日中つけておくことが難しい人は、保管場所を決めておきましょう。職種や職場によっては、仕事中ははずさなければいけないこともあると思います。また、最近は婚約指輪と重ねづけしたり、ダイヤがついていたりと、装飾性の高いデザインのものが増えています。傷つけたり、汚したくないという気持ちから、手を洗ったり、洗い物をする際にはずしたりすることもあると思います。そのようなときは、「決まったアクセサリー入れに入れる」、「ネックレスに指輪を通して首からかける」、「毎回決められた場所(一箇所)に置く」、などして、確実に保管するようにしましょう。

服のポケットにはしまわないほうが良さそうです。入れたことを忘れて洗濯してしまったり、小さな穴が空いていたり、ふとした瞬間に飛び出してしまうこともあるようです。かばんの中にしまうときも、専用の入れ物に入れ、かばんの内側のポケット、できればファスナーがついているところにしまうようにしましょう。

指輪をなくしてしまうというのは、どうしても仕方がないときもありますが、自分さえ気を付けていれば防げることもあります。指輪そのものも、もちろん大切ですが、二人の気持ちや結婚を決めたときの思い出なども詰まっているでしょう。肌身離さず身につけているか、確実に保管するようにしましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

管理人イチオシの結婚指輪

管理人も実際に注文した大好きな結婚指輪はこちら!

順位 写真 商品名・説明
1位 紅ひとすじ beni-hitosuji 紅ひとすじ beni-hitosuji
お二人を結ぶ永遠の赤い糸を思わせる
お客様の声:想像を超える出来上がりに!ビックリしました。とてもきれいで大切にしていこうと思います。
1つ1つ丁寧に作っていただき、ありがとうございました。

もっとランキングを見たい方はトップページへ