ブライダルリング・マリッジリング・ウェディングリングはすべて「結婚指輪」のこと?

公開日:  最終更新日:2015/08/21

ブライダルリング、マリッジリング、ウェディングリングなどなどたくさん言い方はありますが、すべて結婚指輪のことなのでしょうか?ブライダルリングについて説明します。
ペア

ブライダルリングとは、結婚指輪・婚約指輪の総称のようです

ブライダルリングという定義はないようですが、見ている限り結婚指輪(マリッジリング)と婚約指輪(エンゲージリング)両方を指す総称のようです。別名ブライダルジュエリーとも言われています。結婚指輪(マリッジリング)と言うと、一般的に結婚式の際に永遠の愛を誓い、パートナーと互いに交換するペアの指輪のことを言います。また、婚約指輪(エンゲージリング)は、プロポーズの際、男性側がお付き合いしているパートナーに婚約の記念として贈る指輪を言います。ほとんどが、一粒のダイヤモンドをあしらった指輪が多いです。爪ありや爪なしのもの、あるいは、リング全体にダイヤモンドをあしらったものを選ぶ方も増えています。いつの時代でも、「幸せの象徴」として多くの女性の憧れとなっているのが婚約指輪(エンゲージリング)です。

ブライダルリングは結婚指輪(マリッジリング)と婚約指輪(エンゲージリング)、どちらか片方を指す言葉として使われることはあまりありません。ブライダルリングという言葉は、プロポーズから結婚式まで広くイメージしやすいので、主にジュエリーショップやブライダル雑誌などが多く使用しているようです。例えば、 「ブライダルジュエリーフェア」や「ブライダルリング特集」 といったようにタイトルとして使ったり、会社によっては「ブライダルジュエリー事業部」があったりと、幅広く便利に使われているようです。最近では、結婚指輪(マリッジリング)と婚約指輪(エンゲージリング)を一緒に購入し、重ねづけしている方も増えてきています。そういった背景も含め、総称として使われているようです。

ウェディングリングとは

あまり使われない「ウェディングリング」は結婚指輪(マリッジリング)のことです。つまり、結婚の証しとしてパートナー同士で交換し、ペアで日々身に着ける指輪のことです。日本ではマリッジリングという言葉が一般的ですが、「マリッジリング」は和製英語であり、結婚指輪を英訳すると「ウェディングリング」となります。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、良く調べると「ウェディングリング」という名称を採用しているジュエリーショップも少なくありません。いずれにせよ、結婚指輪のことであり、「ウェディングリング」も「マリッジリング」も指輪そのものや意味に違いはありません。

婚姻の証しに指輪を交換するようになったのは、古代ローマの時代の9世紀頃という説が有力のようです。丸い結婚指輪の「輪」はエンドレスであることから、「永遠に途切れる事のない愛」を意味しています。夫婦の愛を深め、愛が続くようにと祈りが込められているのが結婚指輪なのです。また、薬指に着ける習慣は古代エジプトに始まるとも言われています。人の身体には「愛の血管」というものがあって、心臓から左手の薬指にまっすぐ通っていると、その頃のエジプトでは信じられていたようです。ハートにつながる左手に指輪をはめることで相手の心を掴み、結婚の誓いをより強いものにするという意味があります。今もそのロマンチックな言い伝えが残っているのです。国や宗教によっては右手の薬指に着けることもあるようです。日本で結婚式の際に指輪を交換するのが定着したのは、約50年前からですが、何百年も前から続いているヨーロッパから伝来してきた、歴史ある習慣です。

ブライダルリングの選び方

結婚指輪と婚約指輪を総称してブライダルリングと呼ぶくらい、二つを一緒に買って重ねづけするカップルが増えています。デザインの統一性があり、重ねづけしても違和感のない指輪だったり、そもそも最初から重ねづけを前提としたブライダルリングも少なくありません。かつては、婚約指輪は高価なダイヤがついているため、普段使うにはゴージャス過ぎてしまったり、普段使いにはもったいない、日常生活には向いていないという理由から、引き出しにずっとしまいっ放し、という方が多いものでした。なので、婚約指輪はせっかくプレゼントされても、着けていく機会がないと悩んでいる方が多くいらっしゃいます。でも、プロポーズされ、婚約の記念にパートナーから贈られる婚約指輪は一生の宝物。せっかくなら常に身に着けて、大切に使いたいものです。

最近では、いろいろなライフシーンで婚約指輪を楽しみたい、しまっておくのはもったいないという方のために、結婚指輪と重ねづけしやすい、シンプルなものからインパクトのあるデザイン、可愛く繊細なものから、クールな大人のデザインまで、多様な種類があります。また、結婚指輪は、婚姻の証しとして日々身に着けている方が多いと思います。毎日着けるものなので、飽きがこないシンプルなデザインのもの、ストレスのないもの、歳を重ねても使えるものを選ぶ方が多いようです。そこに婚約指輪をあわせることでボリュームがでて、手元を華やかに飾ることででき、お洒落を楽しむことができるでしょう。表面の仕上げは、大きく分けて「ミラー(鏡面)仕上げ」、「ヘアライン仕上げ」、「マット仕上げ」があります。毎日の生活の中ではどうしても傷が入ってしまうものですが、傷を目立ちにくくなる加工を選ぶこともポイントです。

二人の普段のファッションやライフスタイル、個性に合わせて結婚指輪とトータルでコーディネートし、二人が納得するデザインの指輪を選ぶと、せっかくの婚約指輪も引き出しにしまいっ放しということにはなりません。それどころか、結婚指輪と婚約指輪の双方を引き立たせることができます。二つの指輪の雰囲気が一致するものを選び、重ねづけすることで、日常的に婚約指輪を身に着ける機会が増え、大事にしまい過ぎるということがなくなります。いつまでも身に着けることで、大切に使い続けることができるでしょう。

ブライダルリングを探すなら、こちらも読んでください

結婚指輪や婚約指輪は選ぶ前にこちらもお読みください。結婚指輪・婚約指輪の基礎知識がぎっしり詰まっている記事です。選ぶ前にしっかり読んで、ブライダルリングを上手に選んでくださいね。

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

管理人イチオシの婚約指輪

管理人も実際に注文した大好きな婚約指輪はこちら!

順位 写真 商品名・説明
1位 桜一輪 sakura-ichirin 桜一輪 sakura-ichirin
さくらの花びらが「さくらのダイヤモンド」を包み込む
お客様の声:いつか自分たちの子供にも受け継いでもらえたらなあと考えています。
思い出の桜がこんな形で毎日見ることができて幸せです。

もっとランキングを見たい方はトップページへ