新婚さんにおすすめ新居のインテリア例 ~シンプモダンからクラシカル、北欧風まで~

公開日:  最終更新日:2015/11/20

シンプルモダン、クラシカル、北欧風など、新生活を始める新婚カップルに人気のインテリア例を紹介します。

カップル 新居

シンプルモダンな部屋

現代的でいて無駄がなく、かつ機能的ですっきりした部屋に住みたいなら、シンプルモダンがオススメです。
白を基調としつつ、色を使用する場合は白に近い淡い色で、部屋全体を軽快な空間にします。
無機質なガラス素材や、直線的なラインを中心としたシンプルなデザインの家具で統一すると、シンプルモダンのハイセンスな居住空間を演出することができます。
新婚夫婦の場合、住宅を購入するまでの間は1LDKや2LDKの賃貸マンション(アパート)で暮らす方も多くいます。分譲に比べるとやや狭く感じる賃貸でも、シンプモダンな部屋であれば膨張色である白を基本としているため、広々とした印象を与えることができるのです。
それだけでなく、色柄物を用いないことで高級感のある部屋にすることができます。

コーディネート例

  • 洗練されたスタイリッシュなスタイル
  • ホテルのラウンジのような空間
  • 観葉植物の緑色をアクセントに広く見せる
  • 間接照明を使った非日常空間の演出

クラシカルな部屋

アンティークや伝統的なものを取り入れて、豪華で優雅な空間の部屋にしたいなら、クラシックスタイルがオススメです。
基調は深みのあるこげ茶や黒など、落ち着いたダークな色合いで重厚感や格調高さを演出します。ヨーロッパの古城や美術館の雰囲気がクラシカルなイメージにピッタリなのではないでしょうか。家具や小物はシックな色合いはもちろんのこと、ゴールドや花柄なども取り入れることで華やかさを演出できます。
カーテンは深い色合いにタッセルを用いるなど、ハイセンスな小物使いが得意な方なら高級感たっぷりの新居が完成することでしょう。
また、壁紙や絨毯などにクラシカル調のデザインのものを選べば、それだけでアンティークな雰囲気が醸し出されます。これらは部屋の割合を多く占めるため、簡単にクラシカルな部屋作りを実践することができます。

コーディネート例

  • ヨーロピアンクラシック
  • イングリッシュトラディショナル
  • アメリカントラディショナル
  • ホテルのクラシカルなスイートルーム

北欧風の部屋

快適なくつろぎの空間で過ごしたいなら、シンプルでナチュラルな北欧風のスタイルがオススメです。
北欧風とは、動植物をモチーフにしたデザインや、ナチュラルな素材感を活かしつつも、アクセントカラーに明るく楽しい色を活用するので、あたたかみのある空間を演出できます。
家具や照明は木のぬくもりを感じるナチュラルな素材が多く、おもにファブリックで部屋全体に色味を与えるため、インテリアコーディネートは難しくありません。
北欧風は気軽に取り入れられスタイルのためか、低価格の家具やファブリックを中心に全国展開するインテリアショップでも多く見かけるデザインです。そのため、低コストで部屋全体を北欧スタイルにすることが可能です。
また、将来子どもができたときにも北欧風の部屋なら違和感がないためオススメです。

コーディネート例

  • 少ない家具ですっきりナチュラルな空間
  • 休日にゆっくり過ごしたくなる寛ぎのスタイル
  • 鮮やかなカラーで遊び心のある部屋
  • カーテンやソファーカバーなどから少しずつ北欧風を取り入れることができる
  • 鮮やかな色合いのため、子ども部屋のコーディネートにもふさわしい

自然光の入るリビングダイニングルーム イメージ

新居を理想の空間にするために

各部屋をどのようなコンセプトにするか、2人でどのような空間で過ごしたいかなど、具体的にイメージして話し合い、新居の間取りにあった家具や家電等を選ぶことが、自分たちの住みたい空間を作り上げるポイントです。

インテリアコーディネートのコツはいかにして部屋全体に統一感を出すかです。
家具や家電を個別にひとつひとつ選ぶのではなく、部屋全体のイメージにふさわしいかどうかを考えて選ぶことがポイントです。” テーブルはアジアン、マットはヨーロピアン”では、部屋全体に統一感を出すことは困難です。
そのためには、やはり雑誌やインターネットなどで理想的な部屋の写真を見つけることから始めましょう。頭の中に具体的なイメージがあるとないとでは大きな差が生じます。

すでに持っている家具に合わせてコーディネートをするのか、すべて新しいものを購入するのかによっても異なりますが、心機一転して新生活を始めたいなら古い家具を処分して新しく買い替える方がコーディネートは簡単でしょう。
古い家具を活用する場合には、雑誌やインターネットなどを参考にしてそれに合うものを購入したり、テーブルクロスやソファーカバーなどを上から被せて違う雰囲気を演出したり、工夫をすることで統一感を出すことができます。
まずは2人で理想の部屋について語り合い、インテリアコーディネートの写真やショールームを見て完成形をイメージすることから始めましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket