写真で分かりやすい!結婚指輪デザイン集・種類

結婚指輪のデザインが分かる、形状・デザインから集めました。これから結婚指輪を探す方にぜひ読んで欲しいコンテンツです。
指輪の形

結婚指輪、デザインの決め方

指輪のデザインを大きく決めるものは3つあります。具体的には形状、模様・彫り・宝石、金属の色についてです。これら3つを明確にしていくことでどんな指輪が欲しいのか、デザインがはっきりしていいくことでしょう。どんなものがあるか、ひとつひとつご紹介していきます。

【1】形状

指輪には形状があります。平打ちと呼ばれるシンプルなものから、S字(波型)、V字、甲丸、三角、台形など、リングの土台となる形です。

【2】模様・彫り・宝石

模様や彫り、宝石を入れないシンプルな指輪も素敵ですが、これらの組み合わせでよりオリジナル度の高い世界にひとつだけの結婚指輪を作ることもできます。

【3】金属の色

プラチナ(銀色)、ゴールド(金色)、ミックスなど、指輪のイメージを大きく左右する部分です。

これら3つについて、つぎの項目から具体的な選び方をさらに掘り下げてひとつひとつご紹介したいと思います。

デザイン1:形状を決める

指輪の形状を決めることは、結婚指輪のデザインを決める際に重要といっても過言ではありません。形状が土台となり、それによって模様や彫りの選択肢にも違いが出るからです。形状については下図をご覧いただければイメージがわきやすいと思います。

指輪の形
もっともベーシックな形が平打ちと呼ばれるフラットタイプの形状です。そこにふちをつけたものや、波型にしたものもあります。丸みを帯びた形状は甲丸と呼ばれるもので、これにも波型があります。

平打ちや甲丸のようなベーシックなデザインの他にも、デザインで個性を主張したい場合にはV字型や三角、台形などの形状も存在します。

写真で見ただけのイメージでは実際に手につけたときのイメージまでは分かりません。店舗に出向いて自分の手にとって試すことでよりイメージが浮かびやすくなると思います。

デザイン2:模様・彫り・宝石を決める

結婚指輪の形状がある程度決まってきたら、今度は模様や彫り、宝石の有り無しなどを決めていきます。

彫り

どんな模様にするかと言われてもなかなか思い浮かばない・・・という方もいらっしゃるかもしれません。まずは店舗や雑誌、ネットなどで既成の商品のデザインをたくさん見て好みをつかむといいでしょう。

雪銀 花月花

最近では、女性の指輪にだけ小さい宝石を入れるのが流行っています。自分の好みの石や誕生石などが人気を集めています。模様や彫りがないとシンプルすぎて飽きてしまいそうだという方には彫りを入れることをオススメします。彫りを入れても派手になりすぎることもありませんし、ふたりの指輪を重ね合わせることでひとつのデザインになるタイプの掘り方も結婚指輪ならではと言えるでしょう。

デザイン3:金属の色

指輪の色は最初に決める人が多いと思いますが、実は形状や彫りによっても印象が変わり、1~2と同時進行で考えた方がベストです。日本ではプラチナ(銀色)が主流ですが、ゴールド(金色)やミックスも他と差をつけることができる人気の色です。それぞれの色の違いについてご紹介していきたいと思います。

【1:プラチナ(銀色)】

プラチナ(銀色)はどんな宝石でも合う上、ファッションの色も合わせやすく日本人の場合もっとも多くの人が結婚指輪に選ぶ色です。リングではなくデザインや石の色を強調したい場合にはプラチナ(銀色)がオススメです。

【2:ゴールド(金色)】

ゴールドは高級感がありゴージャスなゴールド(金色)は、人と差をつけたい方や個性を出したいと考えている方に最適です。プラチナ(銀色)よりも圧倒的に存在感があるため、目立ちたい方にも向いています。

【3:ミックス】

複数の金属を組み合わせてオリジナルの色を出すのがミックスです。例えば、女性であればピンクゴールドなどが人気の色です。

デザイン決めで後悔しないために・・・

結婚指輪のデザインを決める際に、後から悔やまないためにぜひやっておいて欲しいことがあります。それは直接お店に出向いてできる限りたくさんの指輪を実際にはめてみることです。指輪はつけ心地の良さはもちろんのこと、金属の色と肌の色の相性も、指輪をはめてみなければ分からないことです。肌の色も指の形も人それぞれ全く異なるものだからこそ、いろいろなデザインの指輪を試していくうちに自分にピッタリの指輪に出会うことができるのです。ときには最初のイメージとは別のタイプの指輪がしっくりくることも珍しくありません。一生ものの大切な結婚指輪だからこそ、後悔しないためにも時間をかけてじっくり吟味してみてはいかがでしょうか。素敵な指輪が見つかりますように・・・