プロポーズ方法でお悩みの方にご提案、自然でシンプルな求婚方法

公開日:  最終更新日:2015/08/21

プロポーズの方法でお悩みの方に、自然でシンプルな求婚方法をご提案いたします。付き合って長いカップルだと、なにかきっかけがなければなかなか結婚に踏み出せないというカップルも多いのではないでしょうか? 特に長く同棲をしている場合にはもっともタイミングがつかみにくいものかもしれません。
プロポーズで悩まれている方のために、シンプルな言葉でも彼女のハートをしっかりつかむプロポーズの方法をご紹介したいと思います。

Young Couple in Love

プロポーズの方法

派手な演出や大勢のダンスで求婚する動画なども一時話題になりましたが、男性でも女性でも、「目立つのは恥ずかしい・・・」という方はたくさんいるものです。プロポーズという大切なシーンだから、苦手だとか恥ずかしいとか言っている場合じゃない!などと無理に意気込む必要はないのです。なぜなら、先にも書いた通りプロポーズを受ける側の女性にも、目立つのは苦手だと感じる人はたくさんいるからです。必要以上に背伸びをしたり頑張りすぎる必要はないのです。
それでも一生に一度の大舞台だからこそ、想いを相手にきちんと伝え、受け取ってほしいものですよね。目立つのが恥ずかしい方や心の準備がまだできていない方は、どんなプロポーズをすればうまくいくのでしょうか。いくつかご紹介したいと思います。

自然でシンプルなプロポーズが一番

ストレートなプロポーズの言葉があれば、それだけで女性にとってはとてつもなく嬉しいものです。男性にとってプロポーズはここ一番の重要なシチュエーションに違いありませんが、あまりにも派手な演出やまわりくどい言い方は意外と女性に不評なのです。なぜなら、シンプルで飾らない言葉こそ相手の心にストレートに飛び込んでいくからです。
だからといってあまりにも日常的すぎる普段の生活の中で言ったのではあまりに味気なさすぎてしまいます。プロポーズをする空間は背伸びをし過ぎない程度に特別感を演出できるような場所を選び、言葉はあくまでシンプルに、という組み合わせがベストです。
では、シンプルながらも特別感を演出できる場所とはいったいどんな場所なのでしょうか。

シンプルなプロポーズ

レストランで

食事の後に「結婚してください」と伝える。信じてもらえないかもしれませんが、ただこれだけで女性は嬉しいものなのです。うまい言い回しより、シンプルな言葉が心に響きます。

デートの帰りに

彼女を自宅まで送り届けたとき、ストレートに「これからは一緒に暮らそう」と伝える。同棲をしていないカップルなら、これからは結婚して一緒に生活しようという意味を込めて、彼女を送り届けた別れ際に伝えるといいでしょう。デートの後の別れ際なら、もっと一緒にいたいという気持ちも手伝って喜びが倍増するに違いありません。

同棲しているカップル

クリスマスやバレンタインなど、愛を伝えやすいイベントを活用するのがオススメです。毎日一緒に暮らしていると特別感や非日常感は意図的に作り出そうとしなければなかなか得られない場合もあるでしょう。そんなときには、例えばクリスマスならプレゼントを指輪にしてみたり、彼女を美しいイルミネーションの中に誘い出してみたり、イベントの持つ特別感に便乗することで解決できます。あとはシンプルでストレートな言葉があれば十分です。

思い出の場所もおすすめ

2人の思い出の場所をプロポーズの場所に選ぶこともオススメです。なぜなら、そこには2人だけの思い出があり、出会ってから今までのことを思い出話として辿る中で、未来の話へと展開しやすくなるからです。楽しい思い出もそうじゃない思い出も、今日まで2人で過ごした時間はかけがえのない宝物。思い出の場所でのプロポーズなら、そんな数々の思い出たちがきっと味方をしてくれることでしょう。

結婚

女性はやっぱり指輪を差し出されたい?

婚約指輪とプロポーズの言葉のセットは女性の憧れです。派手な演出やサプライズがなくても、それだけで十分すぎるほどに喜びを感じられるもの。真剣な想いさえあれば、言葉はシンプルでストレートな方が相手の心に響くものです。
さらにもっと特別感を醸し出したい場合には、やはり指輪を用意するのがオススメです。女性にとって婚約指輪ほど特別なアクセサリーはありません。一生ものだからこそ、彼女の趣味に合った指輪を選びたいものです。
もし、指輪は彼女に直接気に入ったものを選ばせてあげたいと考えているなら、プロポーズの当日には花束など、なにか特別な日にふさわしいプレゼントがあるといいでしょう。そんなことまで考えてくれていると知れば、なおさら彼女は喜ぶに違いありません。後日2人でゆっくりと気に入る指輪を選ぶことができます。
プロポーズが成功し、素敵な指輪に出会えるといいですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket