結納金は誰が払うもの?

公開日:  最終更新日:2015/08/21

結納金は誰が払うものなのでしょう?そもそも結納とはどんなもの?など基本的な疑問にお答えします。

結婚とお金

 

結納とは

結納金を誰が払うか、という疑問の前に、まずは結納という儀式について知る必要がありますね。結納の起源は古く、遡ること1400年前、仁徳天皇の時代に皇太子が羽田矢代宿禰の娘を妃とされた折に納菜(絹織物・酒・肴)が贈られたと日本書紀に記されているのが最古の記録となります。当初は皇室や公家、武家のみが行う儀式でしたが、江戸時代に入ると裕福な商家や農家でも結納を行うようになります。一般庶民への普及は明治時代になってからといわれています。

語源は諸説ありますが、両家が婚姻関係を結ぶ際の宴席で共に飲食するために、新郎側から持参した酒や肴を意味する「結いもの」や、婚礼を申し込むという意味の「言い入れ」が「言納・云納(いいいれ)」となり、「結納(ゆいいれ)」と転じた後、さらに「納(いれ)」を「ノウ」と読むようになったという説などが一般的です。

恋愛結婚におけるプロポーズが当人同士の婚約の申し込みであるとすれば、結納はいわば両家の間に結ばれる婚約成立の儀式といったところです。気になる実施率はというと、結婚情報誌などの調査によると約3割とやや低め。堅苦しいイメージやお金がかかるという理由で敬遠されているようです。結納式は色々なスタイルがありますが、大きく分けると…

  • 仲人を立て、結納品や結納返しを持参し、両家を行き来する正式結納
  • 仲人を立てず女性の家や料亭などに会して行う略式結納

があります。
結納に関しては、地域によって、また個人によっても考え方が様々ですので充分な配慮が必要ですが、実際に結納を行ったカップルからは「大変だったけれどやって良かった」「結婚の重さと覚悟を実感した」という声が多いようです。両家の結納に対する考え方や経済状況が釣り合っている場合は別として、ある意味、生活習慣や価値観などが異なる両家が歩み寄り円滑な関係を築くための試金石という一面もあるのかもしれませんね。

米俵 桜

結納金にはどんな意味がある?

現代において結納金は現金を包むのが一般的ですが、もともとは結納品のなかのひとつである着物や帯地を贈っていたものが時代の流れに合わせて変化したものです。縁起が良いといわれる5品、7品、9品などの奇数で構成される結納品のうちのひとつで、嫁ぐ際の支度金としての意味合いが強いようです。表書きに「帯地料」「小袖料」「御帯料」などと書かれるのはその名残なのですね。

結納金の金額は決まっていませんが、一般的には「西高東低」の傾向にあります。結納金の相場は100万円が最も多い割合で、次いで50~100万円、150~200万円、300万円以上、50万円以下という順番だそうです。100万円、200万円などのキリの良い金額か、縁起が良い奇数ということで50万円、70万円、また、80万円も末広がりということで好まれるようです。

結納金の用途は花嫁衣裳代など結婚式の準備資金や新生活に持参するなど様々です。使い道を報告する義務はありませんが、感謝の気持ちと共に新郎家側にお伝えすれば喜ばれることでしょう。また、感謝の気持ちだけでなく、結納返しをお渡しするのもお忘れなく。結納返しは一般的に、いただいた結納金の1割の金額を「袴料」などの表書きで包むか、相当額の品物をお返しとして贈ります。オーダーメードのスーツ一式や腕時計などが主流です。結納飾りも先方より控えめなものを一式用意しましょう。結納品や結納返しの一式は百貨店や結納品専門店のインターネットショップなどで手に入れられます。

結納金は誰が払うの?

結納金は基本的に男性側の家から女性側の家に贈られるものです。新郎当人が払う場合もありますし、親御さんが用意する場合もあり、絶対にこう、という決まりはありません。昔は今に比べて若い年齢で結婚することが多かったため、結婚するまでは親の務めとして、結納金も親御さんが用意することが多かったようです。結婚の年齢が遅くなってきている現代では、ある程度は当人が用意することも多くなりました。
ちなみに、男性が婿入りする場合は役割は逆になります。結納金の額も2倍~3倍になる傾向があります。

両家の意向を確認し、それぞれに合ったやり方ならOK

結納の段階から仲人を立てて、伝統的な結納式をされる方はかなり少ないと思われます。仲人がいる場合は結納金の金額や結納品のランクなど、直接聞きにくいことを相談して調整してもらえるのですが、略式結納の場合はそういった調整役がいませんので、両家で相談してそれぞれの意向を確認することが大切です。

昨今の都市部の住宅事情ですと、自宅の客間での結納式というのは少なく、料亭やホテルなどで結納をするスタイルが多いようです。その場合、会場の予約や接待費用は女性側が負担し、男性側は「家内喜多留」と「松魚料」という名目で酒肴料を包むのが一般的ですが、事前に頭割りで会食費を折半する旨で話がついている場合や、親御さんではなく当人が支払いを受け持つ場合は、形だけの酒肴料として縁起の良い「五円=ご縁」を包んだり、省略したりと、それぞれに合ったやり方でOKです。

当人同士は「堅苦しいのは無しにしよう」と思っていても、親御さんの方では「きちんとけじめをつけて欲しい」と思っているということは往々にしてあるものです。また、地域によってはいただいた結納品を親戚やご近所さんに披露する風習があるため、「結納金はともかく、結納飾りは豪華なものをいただきたい」という場合もあります。逆に「床の間もないので飾りは不要と言われたけれど、婚約指輪は用意したのでこの機会に渡したい」という方は、略式結納とまではいかなくとも、顔合わせの食事会の席などでセレモニーとしてお披露目するのも良いでしょう。婚約指輪を貰って幸せそうな娘の顔を見て嬉しくない親御さんはいませんからね。

参考までに申しますと、結納はこだわりがある方に合わせるのが円滑に進めるポイントのようです。ですが、身の丈に合わない無理はその後の新生活にも影響を及ぼしかねません。親御さんの希望も叶えつつ、当人二人の意見も尊重してもらいながら準備を進めましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

管理人イチオシの婚約指輪

管理人も実際に注文した大好きな婚約指輪はこちら!

順位 写真 商品名・説明
1位 桜一輪 sakura-ichirin 桜一輪 sakura-ichirin
さくらの花びらが「さくらのダイヤモンド」を包み込む
お客様の声:いつか自分たちの子供にも受け継いでもらえたらなあと考えています。
思い出の桜がこんな形で毎日見ることができて幸せです。

もっとランキングを見たい方はトップページへ